六花谷は藪蚊の巣窟


多摩市の猫

 昨夜の時点で34℃と予想されていた今日の最高気温は、蓋を開けてみると26.0℃とかなり下がって過ごしやすい一日だった。特に日が暮れてからの涼しさは久しぶりに味わう感覚で、ようやく秋らしくなってきたと思う反面、過ぎてしまえばあっという間だった夏を惜しむ気持ちが芽生えたりもする。早生まれの俺は冬を越すたびに一つ年を取るので、春から冬までが人生の最小単位になっている。
 夜勤明けの散歩は気温ほど快適ではなく、旧多摩村から旧由木村へ至る峠越えのコースだったため、真夏並みの汗をかいて数匹の猫に会った。
多摩市の猫

 谷間の斜面ではボス的黒白(たまお)が休んでいて……、
多摩市の猫

 どうやって気配を感じ取ったのか、六花咪も尻尾を立てて現れた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 黒白がそのあとを追うようにしてついてくる。秋らしくなって猫にも生気が戻った感じ?
多摩市の猫

多摩市の猫

多摩市の猫

 でもここ、涼しくなったせいか、いつにも増して藪蚊が多く、ワンカット撮影するたびに10箇所くらい刺される。俺は我慢できるからいいが、猫が刺されると掻き毟って可哀想なことになるので、可及的速やかに撫でるなどしてその場を辞去した。
多摩市の猫

多摩市の猫

 写真には写っていないが、特に六花咪は耳の裏のかさぶたがひどい。猫にも蚊に刺されやすい体質があるのかしら。
多摩市の猫

 なだらかな峠を越えると河岸段丘の下り坂となる。斜面に展開する住宅街に差しかかると、平場で休む猫に遭遇した。
八王子市の猫

 あらま、バレてら。
八王子市の猫

 こいつは近所の公園をねぐらにしている茶トラ白。日曜日は家族連れが多くて落ち着かないので、こうして静かな場所に避難している。
八王子市の猫

 常駐の白が4週間前とまったく同じ場所に佇んでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ここのところ白というとオッドアイのこいつしか見かけないが、もう1匹、イエローアイがいたはずだし、お友達の三毛ちゃんたちにもしばらく会っていない。みんな元気にしているんだろうか。
八王子市の猫

 散歩を終えて堰場バス停からバスに乗り、聖蹟桜ヶ丘を経由して分倍河原に着いたのは13時。自宅へ向けて自転車を漕いでいると、百日紅の咲く緑道で猫が休んでいた。
府中市の猫

府中市の猫

 姿勢を低くした草むらの茶トラ白。こいつは時々ここらでお昼寝している。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 千代田区の猫
  4. 日野市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 狛江市の猫

    2020.12.1

    灰色爺さん
  2. 日野市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  6. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  7. 日高市の猫
  8. 日高市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP