京王線猫行脚19(西調布→飛田給)


府中市の猫

 二連休初日の今日は早朝から晴れて明るく、5時の目覚ましで無事に起きられたので、6時すぎに家を出て猫を探しにほっつき歩いてきた。緊急事態宣言中は都内で大人しく過ごすことにしているので、それを逸脱しない範囲で選んだ散歩コースは西調布から飛田給まで。約50日ぶりに京王線猫行脚を一つ進めたのだった。
 ちなみに地方の人には馴染がないと思われる飛田給という駅の名は「とびたきゅう」と読む。北海道出身者の感覚からしても珍妙なこの駅名は、付近一帯の町名でもあり、その由来ははるか昔の荘園時代、飛田という名の領主からたまわった田畑だったことによるそうだ(諸説あり)。調布市にはかつて同じ由来の上ケ給あげきゅうという町名も存在したほか、世田谷区には今も給田きゅうでんという町名が残っている。
 普段の飛田給は各駅停車とごくわずかな快速しか止まらない、取るに足らないような駅だが、東京スタジアムまで徒歩10分という立地のため、サッカーの公式試合や大規模イベントなどの開催日は、特急以下の全列車が臨時停車する。領主から給わったはずの田畑は近年急速に宅地化が進み、乗降客数はこの20年で倍以上になっている。八方美人の京王電鉄のことだから、そのうち急行や準特急を停車させるか、あるいは列車種別をさらに増やすなどして対応するだろう。
 1匹目は近所の武蔵から。まだ日の差さない路地でぽつねんと佇立していた。
府中市の猫

 まだ眠そうなのに頑張る武蔵。黒煙邸の動向が気になるのかな。
府中市の猫

 こんな格好でも視線は外さない。
府中市の猫

 西調布をスタートしたのは6:45。1匹目に遭遇するまでに35分を要したが、今日から新しいウォーキングシューズに変えたせいか、単調な住宅街もさほど苦にならなかった。
調布市の猫

 猫はこちら。
調布市の猫

調布市の猫

 裏の空き地に逃走を図ったキジ白。「おいでー」などと手を差し出して、にこやかに懐柔を試みるも、まったく効果はなかった。
調布市の猫

 カーブミラー、確認ヨシ!
調布市の猫

 角を曲がってみると、左右反転した路地の隅で猫がちょこなんとしていた。
調布市の猫

調布市の猫

 これはなかなかのゴージャスさん。でもそろそろ少し暑苦しいかな。
調布市の猫

 一方こちらはこざっぱりとした二毛。気温は17℃ほどなので、短毛なら日なたがちょうどいいくらいかも。
調布市の猫

「それはそうと、お前は何者だ」
調布市の猫

調布市の猫

 短毛二毛に続き、隣の路地には黒もいた。こちらは涼んでいるというより、暗い場所に潜んでいるという雰囲気。
調布市の猫

調布市の猫

 近寄ったら奥の方へ飛び退いた。驚かせてごめんなさい……。
調布市の猫

 その後、市境を行ったり来たりしているうち、行く手に猫の姿が見えてきた。新宿から京王線猫行脚を開始すること丸2年、ようやく自分の住む府中市内に到達した瞬間だった。
府中市の猫

 感慨に耽る俺を訝しげに見つめるポイントさん。
府中市の猫

府中市の猫

 せっかくだから、正面からも撮らせてくださいな。
府中市の猫

 しかし、逃げ腰。抜け身の術でハーネスから脱出したら大ごとなので、これ以上の接近は断念した。
府中市の猫

 かつての畦道を連想させる複雑怪奇な路地をうろうろしていると、とある空き家の敷地で行き倒れ的に寝ている猫を発見した。
府中市の猫

府中市の猫

 おお、良かった。生きていた。
府中市の猫

 野良然としたキジ白。しゃがんで呼んだら姿勢を正してモデルになってくれた。
府中市の猫

 最後は前足を畳んでまったりモード。可愛いヤツ。
府中市の猫

 今日最後の猫に遭遇したのは8時半。予想以上の成果に満足して駅に向かっていると、畑の隅で黒いのが日に当たっていた。
調布市の猫

 思いのほか警戒心が強かったが、何とか呼び止めてもう1枚撮らせてもらった。
 今日歩いた西調布〜飛田給の駅間距離は700mに過ぎず、まっすぐ向かえば10分足らずで着いてしまうところ、いつものように壮大に迂回して、8.3kmを2時間15分かけて歩いた結果、割とたくさんの猫に出会うことができた。偶然の出会いに頼る猫行脚なので、初めての土地でこれだけ会えれば御の字。朝の涼しい今のうちに、この調子でもう少し進めておきたい。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 三浦市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  4. 川崎市の猫
  5. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  6. 立川市の猫
  7. 八王子市の猫
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP