白から始まるカラーポイント


川崎市の猫

 雨のぱらつく民家の隙間に小さいのが2匹。
日野市の猫

 ……と思ったら3匹。子猫って見えないところにもいるから油断ならないね。
日野市の猫

日野市の猫

 今日の散歩は色々とタイミングが悪く、民家の敷地の奥の方で寝入っているのとか、目が合った途端ダッシュで逃げるようなのばかりで、カメラに収まったのはほんのわずかだった。3匹の子猫を見かけたのは日野駅をスタートしてから10分後。しかしそれより前に4匹の猫をスルーしている。
 冴えない天気は散歩の間じゅう続き、たまに日は差すものの雨は始終降り続いていた。
日野市の猫

日野市の猫

 久しぶりに見かけたオートフォーカス迷う君。慎重に接近を試みたものの8mほど手前で逃亡。
日野市の猫

 先日立派なクリーム猫を見かけた猫民家。今日はくすんだ色のお尻が見えている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 シールポイントか、さもなくばタヌキだろうと思っていたら、予想外の薄色二毛だったのでのけぞってしまった。
川崎市の猫

 敷地の奥には先日のクリームもいた。
川崎市の猫

 冒頭で紹介した子猫の毛色について少し追記。いちばん手前の白っぽく見える子は白猫ではなく、恐らくレッドタビーポイントかクリームタビーポイントだと思う。なぜそう思うのかというと、目の色が青いことと、額にごく薄いレッドが見えているから。シャム猫などに見られるカラーポイントは本来、毛色を白くする遺伝だが、体温の低い部位ではその仕組みがうまく働かないので、耳たぶや手足の先、顔面などに元の毛色が残る(温度感受性アルビノ)。ところが子猫は成猫よりも体温が高いので、遺伝子が存分に働き、ほとんど真っ白に近い毛色になるのである。あの白い子が大人になったら、今よりもう少し体温が下がって、きっとこんな毛色に変わるはずだ。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP