氷点下の洗礼


調布市の猫

 暖冬だと思って油断していたら、今朝の八王子アメダスは氷点下4.6℃を記録して、今年の冬も甘くないという認識を新たにした。北風が身に沁みるので背中に使い捨てカイロを貼ってみたが、超絶冷え性の体はその程度のことでは楽にならない。気温の低下とともに腰の痛みも増しているが、大切なのは日常の姿勢を正しく保つことであり、それもできずにカイロを当てても根本的解決にはならない。
 幸い今月は夜勤を多くしてもらっているので、早朝の散歩は避けられているが、29日と30日は久しぶりに日勤が入っており、日の出直後の寒中猫探しを覚悟しなければならない。もし散歩をヘタレたとしても、犬吠猫旅の写真を載せておけば休載せずに済むが、彼の地の人懐っこい猫たちをあと10日も塩漬けにしておくのは気が進まない(1回分はそうするかも知れないけど)。
 夜勤を終えて職場を出たのは10時すぎ。バスの時間まで猫の団地で時間調整しようと思い、広場の植え込みを覗いてみると、家路を急ぐ猫と鉢合わせになった。
八王子市の猫

八王子市の猫

「私はこれから家に帰って転がるの」
八王子市の猫

 ごろーん。
八王子市の猫

 日差しを慈しむように転がるキジ白。ぽかぽかと暖かそうな雰囲気だけど、気温は4.9℃しかなく、腰が冷えてしまってしゃがむのがややしんどい。
八王子市の猫

八王子市の猫

 年内にもう一度くらい会いに来るかも。風邪引かないようにね。
八王子市の猫

 俺は自分の腰を慈しまなければならないので、散歩はごく軽めにしておいた。猫はお尻だけ見えている。
調布市の猫

調布市の猫

 小石を踏むかすかな音でバレてしまう。猫のアプローチはムズカシイ。
調布市の猫

「報酬次第では相談に乗るぜ」
調布市の猫

 とろけそうな表情で日差しを浴びる長毛キジトラ発見。
調布市の猫

 昔、JR北海道のキャッチコピーに「冬こそJR」というのがあったけど、猫の場合は「冬こそ長毛」だなあ。
調布市の猫

 南向きに開けた庭で猫が寛いでいた。
調布市の猫

調布市の猫

 目が合った途端、逃走を図ったため、大回りして逆サイドからもう1枚撮った。去年の12月にもまったく同じパターンで逃げられており、こいつがものすごく臆病ということは織り込み済み。
調布市の猫

 最後の猫は顔見知り。民家の庭で密やかにしていた。
調布市の猫

調布市の猫

 ここはお焦げさんの路地でもあって、会えることを期待していたが、この子のほかには猫一匹現れなかった。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP