雪降るニュータウン


八王子市の猫

 階段の窓を細く開けて外を見るとぽつぽつと雨音だけが聞こえた。日の出1時間前の屋外はまだ真っ暗で、路面が濡れていることは分かっても、その原因が雨なのか雪なのか判然としない。朝風呂から上がって6時半を過ぎると空が白んでいて、足元に纏わりつくマコちゃんとともに猫デッキに出てみると、どうやら降っているのは純然たる雨のようだった。「何だ、雨か」と思わず口を突いて出たのは、雨と雪では散歩の心構えがだいぶ違うからだ。雪の場合、衣服が冷え切ってしまえば、傘を差さなくてもそれほど濡れることはない。雨の場合はというと……、寝巻きに着替えて布団に戻りたくなる。
 散歩コースは東中野バス停から多摩センターの4.8km。いつもよりやや遅めの7:20、バスから降りてみると雨は霙になっていて、それもほどなく雪に変わった。途中、敷地の奥に佇む2匹の猫をスルーしつつ、カメラの出番がやって来たのはスタートから40分後。猫アパートの黒白がエントランスで雪宿りしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 おはようございます。今日はあいにくの天気だね。
八王子市の猫

 話しかけると小さく「にゃ」と返事する。
八王子市の猫

 このアパートで唯一の人懐っこい子。誰かを待っているのかな。
八王子市の猫

 風邪引くと厄介だから、あまり濡れないようにね。
八王子市の猫

 舌を鳴らしながら歩いていると、ボスの妻が飛び出してきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 雪が激しくなってきたので、橋の下に移動してゆっくり構った。旦那は出てこなかったが、一緒に寝ていた可能性はある。この季節を単独で過ごすのは寒い。
八王子市の猫

 六花谷の木立でゴンがちょこなんとしていた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 こちらに気づくと駆け寄ってきてすりすり。こりゃ家に帰ったらマコちゃんが騒ぐなあ。
多摩市の猫

 気温が高いせいか、被毛に落ちた雪は結晶の形を成していない。この谷を六花谷と呼んでいるのも、かつてここで暮らしていた猫を六花咪と呼んでいたのも、今日のような雪がきっかけだった。
多摩市の猫

多摩市の猫

 カメラ嫌いのゴンだが、今日は丁寧に撫でてやったせいか、いつもよりは機嫌を損ねずに写真が撮れた。
多摩市の猫

 雪は終日降り続いていたが、路面に積もるようなことはなかった。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 稲城市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP