この黒どの黒?


立川市の猫

 雨続きで一昨日と昨日は散歩できなかったが、3日も休むとモチベーションが維持できなくなってくるので、今日は雨の上がった午後から立川に出て1時間40分ほど歩いてきた。夕方の散歩は猫に会える確率こそ上がるものの、人出が多かったり、日没に追われたりして落ち着かないので、この時間帯に猫を探すことは滅多になくなった。
 とはいえせっかく夕方に散歩するなら、その利点を生かして、今はなかなか会えなくなった古い馴染に再会したい。とりわけ七三ファミリーの母やチョビ1号、そして今年に入ってからまだ会えていない上矢印ちゃんなど、思い入れの深い猫たちの許を訪ねるべく、スタート地点の西国立へ向かったのだった。
 散歩開始は15時半。最初に見かけたのは去年8月以来となる長毛白とキジ白のコンビだったが、あいにく民家の敷地の奥で伸びており、写真撮影は断念。カメラに収まった1匹目はカーポートで転がる黒だった。いつか見た木香薔薇の記憶を頼りに訪ねたのは正解だった。
立川市の猫

 いつまで寝てるんですかね。
立川市の猫

立川市の猫

 突然の来客に驚いて飛び退いた黒。
立川市の猫

 宥めてもすかしても出てこない黒を諦めて、先ほどのカーポートに戻ると、何食わぬ顔でマーメイド座りしているではないか。さては先回りしたかな。
立川市の猫

立川市の猫

 いやいや、これ別猫だわ。さっきの黒はこんなにぎざぎざな耳じゃなかった。
立川市の猫

 こいつが一昨年も木香薔薇のところで見かけた子。一緒にいた茶トラ白にも会いたいんだが最近見ない。
立川市の猫

 とある駐車場の日なたと日陰の境目で白っぽいのが寛いでいた。
立川市の猫

 あれは昔、上矢印邸で暮らしていた大白斑(2015年8月の様子)。今は古巣から150mほど離れたこの辺りをシマにしているようだ。
立川市の猫

 50cmぐらいまでは近寄れるが、指はダメ。そのうちまた挑戦してみる。
立川市の猫

 ここは猫旅館跡地。先月22日の雪の日とまったく同じ佇まいで隻眼の茶トラが休んでいた。
立川市の猫

 あまりにも同じ姿勢なので、3週間以上こうしていたのかと疑ってしまった。車を動かした形跡があるので単なる偶然だろうけれども。
立川市の猫

 呼んでも眠くて目が開かない。俺の知り合いはみんな高齢になってきたので、どうしても心配になってしまうんだよ……。
立川市の猫

 こちらの猫は早くも夕食待ちかな。
立川市の猫

立川市の猫

 もう少しで17時だから早くもないか。
立川市の猫

 上矢印ちゃん参上。
立川市の猫

 4ヶ月ぶりにようやく会えたのでとても嬉しい。毛並みが荒れて見えるのは換毛期だからだろうか。相方の黒白にもよろしく伝えておいてね。
立川市の猫

 立川勤務時代の散歩道を歩くことは滅多になくなり、次に七三やチョビ1号を訪ねるのはいつになるのか見当もつかない。知り合いというのはこうして少しずつ縁遠くなって行くのだなあ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 利島村の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 川越市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫

    2022.10.3

    潜伏者
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP