夜勤泣かせの画眉鳥と室温


日野市の猫

 気温が乱高下する時の夜勤の服装は本当に難しくて、今年はそれで苦労することが多いように思う。昨日は雨で最高気温が20℃に届かず、それに合わせた服で出勤したら、今日は27.7℃まで上がって帰りの散歩で死ぬ思いをした。平均すると今年の春は気温が高めのようで、今月12日に蒔いた猫草は23日に燕麦が発芽しており、これは恐らく2019年の10日間に次ぐ早さだ。夜勤明けで帰宅するころには2階の室温が上がっていて、ベッドのマットレスが熱を持っているので、冷房をつけただけでは快適に寝られない。なので今日は1階の客間に布団を敷いたが、窓の外では画眉鳥がのべつ幕なし喋っているし、それが静かになったと思ったら我が家の2匹が入れ替わりで遊びに来るので、どちらにしてもろくに寝られない運命だった。
 仕事を終えて外に出てみると日差しが強く、上着を着たまま長時間歩き回る元気もなかったので、帰りの散歩は平山の猫ヶ丘を一回りするだけにしておいた。平山城址公園駅からだと急な上り坂を伴うが、猫ヶ丘の頂には薬科大方面からのバス停があり、そこからスタートして逆コースを辿れば、駅まで下り片勾配となって遥かに負担が小さい。
 最初に立ち寄ったのは職場近くの猫アパート。コンクリートに囲まれた暗がりにいつものキジ白が佇んでいた。
八王子市の猫

 約1ヶ月半ぶりの妹。元気にしてたかー。
八王子市の猫

 ごろーんでご挨拶。気温は23℃ほどで、猫が日陰に入る閾値を超えている。
八王子市の猫

八王子市の猫

八王子市の猫

 誘えば外にも出てくると思うけど俺がイヤ。
八王子市の猫

 猫影が失われるほどの気温ではないはずだが、俺の体がまだ夏モードになっていないせいか、こんな日にどこを探したらいいのか思い浮かばない。車の下を重点的にチェックしていると、真逆の場所にいたりするから、やはり勘が戻っていないんだな。
日野市の猫

日野市の猫

 茶ファミリーの三毛はとても臆病。接近はここまで。
日野市の猫

 馴染のクリームはお昼寝中。
日野市の猫

日野市の猫

 さすがにまだ地べたに伸びて放熱するほどではないか。
日野市の猫

 明日は曇りで24℃だというから快適かな。誰に会いに行こうかな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国分寺市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP