猫旅館の茶トラ


立川市の猫

 毎日たくさんの猫に会えるので、いつも怒濤の勢いで写真を現像したり文章を捻り出したりしているが、さすがに毎日だと疲れてくるので、今朝の散歩はやや抑制して3.9kmに留めた。しかし日の出の早いこの季節、家を出て30秒以内に猫の洗礼を受けるのが常で、昨日は朝夕ともに武蔵に会ったし、今朝もクロエさんが待ち構えてアップしていた。自宅から駅までの間に2~3匹会っているのに、その後さらに2時間近く歩き回ったらぱつぱつになるのは当たり前だ。
府中市の猫

 それはそうと、クロエさんの尻尾はいつ見ても立派だなあ。
府中市の猫

府中市の猫

 お澄まし写真は2枚とも俺の背後を見つめている。猫にカメラを向けて視線をもらうのは時に難しい。
府中市の猫

 駅までに見かけたもう1匹は、無目的な佇まいで草むらに潜んでいたキジ白。
府中市の猫

府中市の猫

 顔つきが逃げる気満々だったので、物陰から保険で1枚撮っておく。そして案の定、次の瞬間脱兎の勢いで逃亡。
府中市の猫

 今朝の散歩コースは高松から立川まで。夜勤前、逆向きに歩いたことは何度かあるが、この方向はたぶん初めてだと思う。なので、いつもなら最後に立ち寄ることになる猫拠点が最初になり、早朝のうちにここの猫たちに会いたいという目的は達せられた。
立川市の猫

立川市の猫

 元気にしてたかーとカメラを向けていると、黒が割って入ってくる。出たがりの子?
立川市の猫

立川市の猫

 ここで会いたかった猫はもう1匹いるが(こちら)、あいにく今日は不在の様子。見かけたらよろしく言っておいてね。
立川市の猫

 立川市内にわずかに残る米軍ハウス。テラスで猫がご飯を待っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 福生あたりは今でもかなりの数の米軍ハウスが残っているが、立川は米軍基地が返還されてから45年が経過しており、すでに大部分がなくなっている。ここは基地の街・立川の名残を残す貴重な場所。この子も米兵とともにアメリカから渡ってきた猫の末裔だったりして。
立川市の猫

 路地は朝の佇まい。夏が近づいているのに影は長く、道端では猫が楚々としている。
立川市の猫

 あれれ?
立川市の猫

 楚々としていたはずなのに逃げ足は速い黒白だった。
立川市の猫

 猫旅館跡地に到達したのは散歩開始から40分後の7:20。かつて猫たちが集っていた空き地には、豆腐を切って分けたような狭小住宅が立ち並び、以来ここで猫を見たのは初めてに近い(2014年9月の様子)。
立川市の猫

 ぽつねんとしていたのは隻眼の茶トラ。昨冬ぐらいから少し衰えて見えるようになった。
立川市の猫

 猫旅館の猫で残っているのはこいつだけ。10年前はたくさんの猫で賑わっていたので、写真に写っている中で誰がこいつなのか特定するのは難しい。模様や耳朶の形から、初めて会ったのは2011年9月と推定しているが、右目を失った2013年12月以降は間違えようがなくなった。右耳がなくなっているのは恐らくダニか何かの影響で、2016年5月までは辛うじて耳が立っていたが、同年8月には倒れていた。猫旅館ありしころは数多の猫の中で最も毛並みのいい一匹だった。
立川市の猫

立川市の猫

 散歩の最後に上矢印邸に立ち寄ってみた。
立川市の猫

立川市の猫

 上矢印ちゃんはあいにく不在のようで、相方の黒白がモデルになってくれた。顔つきから分かるように、不承不承という感じだった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 新北市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 所沢市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 宇都宮市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP