サチコ19歳


日高市の猫

 サチコは19歳になった。
 母親とはぐれたらしき子猫が玄関前に張りついて鳴いていたのは2003年8月29日で、その時生後2ヶ月半ほどだったので6月を誕生日とみなしている。人間換算では92歳だそうで、年齢相応に衰えは見られるものの、病気らしい病気もせずここまで無事にやってきた。今のところ俺は他人どころか親さえ19年も一緒に過ごしたことがないし、一つの組織に19年所属した経験もない。俺の人生はサチコが先駆けとなって進んでおり、もしどこかが痛かったり苦しかったりするのでなければ、もう少しこのままでいて欲しいと切に思う。
 明日から三連休ということで、今朝の散歩はちょっと頑張って高麗~高麗川に行ってきた。府中本町5:01発という武蔵野線の始発に乗れば、日勤前に2時間ほど散歩できることは以前から分かっていたが、実行するのは今日が初めて。正直それほど無理っぽいコースとは思っていなかったが、高麗川から電車に乗ったあとがやたら長く、職場に着く前に疲れ果ててしまって仕事中は使いものにならなかった。今日のところは前半の写真を17点だけ紹介して、残りは明日載せる。
 逆光の路地に長毛二毛がまろび出てきた。時刻は6:13。
日高市の猫

 逆光が強くて色々やりにくいので方向転換。どこへでもついてくる子。
日高市の猫

日高市の猫

 4月1日以来の2ヶ月ぶり。いつもなら春と秋の年二回来る場所だが、前回は桜こそ満開だったものの天気が悪く、猫にもあまり会えなかったので、もう一度来る機会を窺っていた。今日がそれに相応しいかというと、そうでもないような気もするけれど、とりあえずこの子には会えた。
日高市の猫

 平日の早朝にもかかわらず、散歩やハイカーの人通りが意外に多い。猫も顔馴染のようで頭を撫でられたりしている。
日高市の猫

 道理で人懐っこいと思ったよー。
日高市の猫

 ほら、またついて来た。
日高市の猫

 俺が走れば猫も走る。
日高市の猫

 ここには少なくとももう3匹、茶トラキジ白茶トラ白が暮らしているはずだが、前回も今回も現れなかった。秋になって彼岸花が咲いたらまた来てみる。
日高市の猫

 早朝の牛乳バトル会場はひっそりとしていた。
日高市の猫

日高市の猫

 チョコ白は日差しを浴びてうたた寝している。季節が変わると猫たちの挙動も変わるなあ。
日高市の猫

 地面にはキジ白もいた。あの子はずいぶん久しぶり。
日高市の猫

日高市の猫

 来訪者の気配を察してチョコ白が目を覚ました。
日高市の猫

 この続きはまた明日。今日はもうだめ。
日高市の猫

日高市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 新宿区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP