朝のうちに一回り


府中市の猫

 気象条件を理由に散歩を休むことはなるべく避けているが、この暑さで無理すると命にかかわるので、休暇初日の今日は早起きして朝のうちに済ませてきた。本来なら「涼しいうちに」と表現されるべき5:20というスタート時刻にもかかわらず、府中アメダスの気温はすでに28℃ほどになっている。時間の経過とともに急激に気温が上がることは明らかで、悠長に歩き回っていてはあっという間に灼熱地獄にやられてしまう。朝の散歩は日中とは違った危険性があり、それは主に湿度が高いことや、起床したばかりで体の水分が失われていることが挙げられる。なので今朝は給水をしっかりすることのほか、徒歩ではなく自転車で知り合い猫の許を訪ねることにした。自転車は徒歩よりも風を受けるので汗が気化しやすいし、徒歩のようにバス停で待ちぼうけを食わされるようなこともない。最終的には自宅から府中市の端っこまで2時間かけて行って戻って12.3km漕いだ。
 夏の朝は武蔵から。自転車で通りかかると、鈴を鳴らして駆け寄ってきた。
府中市の猫

府中市の猫

 動くと暑くなるのは猫も同じね。少しだけすりすりして地面に伏せた。
府中市の猫

 真顔の武蔵はカッコいい。
府中市の猫

 同じ町内にもう1軒の猫民家。もともと2匹で朝ご飯を待っていたようだけど、カメラを向けたら1匹隠れちゃった。
府中市の猫

府中市の猫

 取り残されて憮然とするキジ白。もう1匹は遠巻きに撮影したことが一度だけある。
府中市の猫

 朝日を浴びる猫民家。ここには数匹の猫が暮らしているようだが、今朝は1匹だけで、しかもあられもない姿でひっくり返っていた。
府中市の猫

府中市の猫

 こいつの毛色はキジ渦白。しゃんとしている時に会いたかったぜ。
府中市の猫

 根気強く玄関前に張りつく猫発見。
府中市の猫

府中市の猫

 猫の朝ご飯といったら7時って国際的に決まってるよね。まだ1時間以上あるんじゃん。
府中市の猫

「勝手にそんな決まりを作るな」
府中市の猫

 今朝のコースは今月14日、雨に降られて中断した散歩のやり直しを兼ねている。定点と化しつつある猫ポイントに差しかかると、こちらにお尻を向けて帰宅途上の猫が見えてきた。あれは雨の日にも見かけた子。
府中市の猫

 とことこ。
府中市の猫

 自転車を降りてキジ白のあとを追うと、向こうからもう1匹現れた。あれはキジ白と同じ家に住む相方の黒だ。
府中市の猫

府中市の猫

 胴体の毛色がずいぶん赤茶けて見える。日差しの加減かと思ったけど、去年6月の写真を見たらやっぱり赤茶けていた(こちら)。
府中市の猫

 行っちゃった。
府中市の猫

 残されたキジ白をアップで。今まででいちばん可愛らしく撮れたよ!
府中市の猫

府中市の猫

 朝のうちはやや雲が多く、弱々しい日差しが猫を照らしている。
府中市の猫

府中市の猫

 この時間から車の下か。こりゃ今日も厳しい暑さになりそうだなあ(結果的に府中アメダスで36.9℃、八王子アメダスでは37.1℃まで上がった)。
府中市の猫

 2月下旬の京王線猫行脚以来、橋の下の黒に再び会えた。
府中市の猫

府中市の猫

 久しぶりだねー。元気だったかー。
府中市の猫

 あの時ここは寒かった。20℃も違う気温で同じ着物を羽織っているのだから、猫の適応力というのは大したものだと思う。暑さ寒さで健康を害しているのは人間の方が多いかも知れないなあ。

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 青梅市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 青梅市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP