白さんとの不意の別れ


川崎市の猫

 今朝の散歩のスタート地点に選んだ小田急多摩線・はるひ野は、自宅から直線距離で4.8kmしか離れていないにもかかわらず、鉄道を利用すると調布か登戸経由となって大回りを強いられる。聖蹟桜ヶ丘から永山までバスを利用した方が距離は短くなるが、早朝は電車とバスの接続が噛み合っておらず、中河原から始発電車に乗ると聖蹟桜ヶ丘で20分以上のバス待ちが生じる。もう少しちゃんと調べてから赴くべきではあったが、結果的には親しい子の近況を知ることができたので今日行ったことは正解だった。でなければ消息不明のまま踏ん切りがつけられず何度も足を運ぶことになっていた。
 はるひ野をスタートしたのは6:10ごろで、雲の隙間から朝日は見えていたものの、路地に日が差すにはまだ少し早かった。これじゃ猫は寝ているかなと思ってふらふらしているうち、地面で周囲を観察しているのがいることに気づいた。このコースは定番化しているわけではなく、タイミングが悪ければ簡単に玉砕するからドキドキだ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 おはようございます。君は7月に会った2匹のサバトラ(こちらこちら)とは別猫のようだね。
川崎市の猫

 生え際の毛色が白く抜けているので、サバトラとしてはやや毛色が薄い。はるひ野にはこの血筋がまだ少し残っていて、ここには少なくとも3匹いることが今判明した。
川崎市の猫

 ティッピングの聖地(?)、まだら家族の猫拠点。といっても現在はほとんどが姿を消し、確認できる限りスモーク鉢割れが1匹残るのみ。
川崎市の猫

 見えているのは茶色だけど。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近寄ったら茶色いのが2匹いた。上は昔からの知り合いだけど、下は初めてかも。どこかから流れてきたのかしら。
川崎市の猫

川崎市の猫

 階段からはまったく見えなかった庇の上。こちらが1匹残るスモーク鉢割れ。俺の顔を見てか細い声で鳴き続けていたが、その場を動くことはなかった。
川崎市の猫

 傾斜地の小さな草むらに猫発見。あれは誰かな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 隣の家の長毛黒白だった。先月来た時、草むらに紛れていたのはやっぱり君だったんだね。
川崎市の猫

 近寄るのはこれが限界。最終的には先月と同じことになってしまった。
川崎市の猫

 騒ぎを聞きつけてクリーム登場。
川崎市の猫

 しばらく見ないうちに瘦せたかな。夏場だからそう見えるのかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近いうちにまた会うつもりでその場を離れたが、今までのように頻繁には来なくなるかも知れない。クリームと別れたあといつものように駅前の白を訪ねてみると、ねぐらの植え込みには猫の代わりに人間のおばちゃんがいて、白は暑さで体調を崩したため近所の人に引き取られたと教えてくれた。猫の寝床を片付けるなどしながら、心配して訪ねてくる人に事情を説明しているのことだった。
 あの子は20歳という高齢だから無理もない。遠からずこの日が来ることは分かっていたので仮の名前もつけなかった。地元の人によれば16年以上も駅前で暮らしていたというし、これからは隠居先でゆっくり余生を送ってくれればと思う。俺が始めてブログで紹介したのは2017年12月18日で、それから4年8ヶ月後の先月13日が最後の記事になった。人気者ゆえネット上にも写真が残っていて、ざっと調べた感じでは2011年8月に撮影されたものが最も古いようだ(写真を伴わないものは2009年10月の記事が確認できた)。これだけの長い間、鉄道用地という公共の空間で元気に暮らせたのは、地元の人々や電鉄会社の深い愛情の賜物だと思う。
 白さんさよなら、お元気で。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫

    2022.11.30

    彼方の看板猫
  6. 川崎市の猫
  7. 大多喜町の猫
  8. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP