人出が戻ったこまこま散歩(1)


日高市の猫

 彼岸花のシーズンに合わせてこまこま散歩に行くことは事前に決めていたが、行楽客が殺到する休日は絶対に嫌だったので、三連休明けの今日、仕事を半日休んで朝から出かけてきた。予報では10日ぐらい前から天気がいいとされていて、最近には珍しくそれが的中したのはラッキーだったが、予想以上に気温が高く、里山を8km近くも歩くのはややキツかった。仕事に戻ったあともパソコンの前で何度も気絶するなどして、今日はあまり使いものにならなかった。いくら夜間頻尿で早起きが苦にならないとはいえ、その勢いでハイキング(のようなもの)と仕事を両方やるのは無理があったかも知れない。
 例によって撮った写真は前半と後半に分けて紹介する。前半で紹介するのはいつもの2匹だが、珍しいことに最初に現れたのは長毛二毛ではなく茶トラ白の方だった。茶トラ白は寝坊助さんらしく、あまり早く来ると会えないことがあり、今日も半分諦めていたのでちょっとびっくりした。
日高市の猫

日高市の猫

 この子は天真爛漫な子。今日はモデルになってもらえるかな。
日高市の猫

 ……などと思っていたら、いきなりこの展開。この2匹はいつまで経っても折り合いが悪いな。
日高市の猫

日高市の猫

 こちらが長毛二毛。一時は毛並みが荒れていたけど、すっかり元に戻ったようだ。
日高市の猫

 ここには少なくとももう2匹、川向こうからシマを変えたキジ白と気の弱い茶トラがいたはずだが、今朝はどちらも見かけなかった。茶トラは気が弱いだけに人の多い時期は隠れているのかも知れないが、キジ白は去年3月を最後に見ていない。
日高市の猫

 あっ、そっちを巡回するなら俺も行く。
日高市の猫

 待ってー。
日高市の猫

 正面に回り込んでみた。この子は天真爛漫すぎてあとを追うのが大変……。
日高市の猫

日高市の猫

 畑を一回りして無人野菜販売所に落ち着いた。
日高市の猫

 高麗をスタートしたのは6:32だったが、ハイシーズンだけあってすでにハイカーや行楽客の往来が多い。ここ何年かはコロナで客足が途絶えていたので、人出が戻ってきたことは喜ばなきゃいけないね。
日高市の猫

 長毛は少し離れたところで鳴いていた。
日高市の猫

 この子に初めて会ったのは2015年6月。古くからのメンバーはみんないなくなり、いちばんの古参になってしまった。
日高市の猫

 春は桜、秋は彼岸花でこの子たちにはずいぶんお世話になっている。
日高市の猫

日高市の猫

日高市の猫

 それじゃそろそろ次へ行こうかな。
日高市の猫

 桜の季節になったらまた来るから、それまで元気でいてね。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫

    2022.11.30

    彼方の看板猫
  4. 川崎市の猫
  5. 大多喜町の猫
  6. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  7. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難
  8. 三浦市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP