再開発ファミリーの3匹


昭島市の猫

 昨日は八王子で最高気温30.4℃という真夏日で今日が23.4℃。明日は16℃だというから文字通り日に日に秋が深まっている。日の出時刻は年明けに6:51にまで遅くなるが、今日時点で5:39なので朝の散歩にはまだ支障しない。しかしそれもあと数週間のことで、11月にもなれば来春まで寒さと暗さに苛まれることになる。
 今朝は雨が降るとの予報だったので散歩はお休みした。実際は持ち堪えたようだがどうせ曇って暗いし、先月25日の散歩で見かけた猫たちを早く載せたかった。この日は散歩の最初にキジ白3号と25分ほど戯れ、向こうが飽きるまで撮った13枚の写真を当日中に紹介した(こちらの記事)。
 次に猫を見つけたのはキジ白3号邸から70mほど離れた民家。拝島の旧々々居の周囲は今でも猫の巣窟だ。
昭島市の猫

 庭の奥に佇む茶トラ白。いつもは庇の上で見かけることが多く、地上に下りているのは珍しい。
昭島市の猫

 警戒心が強く、近くに人を寄せつけない子。
昭島市の猫

 高みに佇むキジ白発見。薄雲がかかって弱々しい日差しを浴びていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 記憶には残っていなかったが、あとで調べたら2013年12月には会っているので、意外に古い知り合いだった。睨んでいるように見えるがあれはきっと親愛の表情。
昭島市の猫

 最近めっきりご無沙汰の再開発ファミリー。この日は珍しく2匹の猫が出てきていた。
昭島市の猫

 こんにちはー。久しぶりだねー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 伸びーからごろーんへしなやかに移行。
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 キジトラは古い馴染で2014年5月からの付き合い。当時はまだ再開発が進んでおらず、空き地だった道路予定地でたくさんの猫が遊んでいたものだった。君にはたくさんの仲間がいたはずだけど、みんなどこへ行っちゃったんだろうね。
昭島市の猫

 少数は今でもたまに見かけるけどね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 この子は若そうに見えたので初めてかと思っていたが、帰宅してから念のため調べたらキジトラと同じ日に会っていた(こちら)。キジトラとは兄弟かも。
昭島市の猫

 とことこ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 微妙なポーズの黒白は6月中旬以来。この子に初めて会ったのは2014年8月で、当時まだ生後半年ぐらいだったので、今は9歳になったころだと思う。再開発ファミリーは室内にもいるらしいので、ほかにも何匹かは昔のメンツが残っているかも知れない。
 この日の散歩は最終的に福生の西友でラム肉を買うことが目的。続きはまた後日。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 江東区の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫

    2022.11.30

    彼方の看板猫
  4. 川崎市の猫
  5. 大多喜町の猫
  6. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  7. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難
  8. 三浦市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP