父の背中


八王子市の猫

 今日は雨が強くても風がなければ散歩するつもりだったので、普通に仕度してお昼前に家を出た。しかしこうまで強いとどんなに慎重にしても濡れることは避けられず、4kmの距離を1時間15分かけて歩いたら、裾はびしょ濡れだし靴も泥だらけでそれなりにダメージを負った。ゴアテックスなので靴の中まで濡れないのがせめてもの救いだが、そろそろ靴底がヘタってきたので買い替えを検討しなければならない。
 歩いたコースは天野バス停~多摩センターの山越え区間で、天気が良ければあんな子こんな子がとぐろを巻いているところだが、激しい雨のせいでねぐらはどこももぬけの殻。唯一、アパート暮らしの茶トラ白だけがベランダで雨宿りしていたが、いくら呼んでもその場を動こうとしなかった。
 二重橋の下の暗がりに佇んでいるのは誰かな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 猫影の主は黒白ボス。こちらの正体が分かってしょっぱい顔になっている。
八王子市の猫

 しゃかしゃかするボスの背後にもう1匹。暗くて分かりにくいかな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 出てきたのは息子。先月に比べるとだいぶ夏毛になったね。
八王子市の猫

 間もなく1歳になるオスの成猫が父親とともに過ごすというのは、ネコ科動物にはちょっと考えにくいことだと思うのだが、2匹の様子を眺めていると、匂いを嗅ぎ合って挨拶するなど仲のいい様子が窺える。人間が介入しているので生態に変化が生じているのかも知れないし、ボスは息子を自分のように逞しく育てたいのかも知れない。
八王子市の猫

 まだ若くてあどけない息子が将来ボスのような風貌になるのだろうかと、信じられない気持ちでボスの古い写真(2016年10月)を見たら、あながちあり得ないことでもないような気がしてきた。こいつはいったいいくつなんだろう。
八王子市の猫


関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 所沢市の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2024.6.22

    女黒白ボス
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2024.6.17

    梅雨入り間近
  4. 川崎市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 府中市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です