南武線猫行脚10(武蔵溝ノ口→津田山)


川崎市の猫

 今日の南武線猫行脚はやめておけば良かった。早めに夜勤を上がって会社を出たころは、曇っていて割と涼しかったが、時間が経つにつれて雲が途切れて、お昼を過ぎたころには真夏のような青空になってしまった。気温は30℃に満たなかったようだが、日差しが強くて、散歩の終わりごろには熱中症になりかけていた感じだった。
 そんなわけで猫の方も芳しくなく、約2時間半の散歩で見つけられたのは、次の駅間に進める規定数ぎりぎりの3匹。最初の猫は散歩開始から40分ほどして遭遇した。
川崎市の猫

 巡回帰りと思しき茶トラ白。近寄ってカメラを向けると、盛んに目をしばたいて、ぱっちり目を開いた写真はこれ一枚。
川崎市の猫

川崎市の猫

 細い路地に猫発見。
川崎市の猫

 アパートの敷地でお花の匂いを嗅いでいたが、近寄ったら警戒されてしまった。
川崎市の猫

 近寄った分だけ離れてしまうなー。いきなりカメラ向けたんじゃ仕方ないけど。
川崎市の猫

川崎市の猫

川崎市の猫

 俺がいるから先に進めないらしく、少し離れると、また元の場所に降りてくる。悪かったね、もう行くよ。
川崎市の猫

 お花の二毛のあとは雲が切れて快晴となった。津田山という駅名の通り、ここら一帯は山だったらしく、急傾斜地の住宅街を悶絶しながら歩き回っていると、民家の敷地に停められた車の奥から、こちらを窺う視線を感じた。
川崎市の猫

 さっきの二毛から1時間20分経っていて、とっくに猫探しは諦めていたけど、いてくれてホント助かったよ……。
川崎市の猫

 通り過ぎたふりをして待っていたら、道端に出て来た。
川崎市の猫

川崎市の猫

 何とか3匹をクリアしたあと、帰るついでに西立川に髪を切りに行った。美人さんの駐輪場を覗いてみると、今日は黒白がお昼寝していた。
立川市の猫

立川市の猫

 久しぶりに見かける黒白。いつもならすぐに逃げられるんだけど、寝ぼけていたせいか、今日は大丈夫だった。
立川市の猫

 散髪のあと、その辺を一回りしていると、砂利の駐車場で2匹の猫を発見。
昭島市の猫

 トラ子さんと相方だ。この子たちもずいぶん久しぶりだなー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 相方のキジ白は逃亡。トラ子さんもあんまり機嫌が良くなかったみたい。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 稲城市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 南州郷の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP