B寝台


昭島市の猫

 夜勤明けで帰ってきて、窓を開けたままグースカ寝ていたら、夕方から驟雨になって、雷の音で目が覚めた。明日もこのまま断続的に降り続けるようだ。こういうのを何度か繰り返して、少しずつ秋になっていく。
 仕事帰りの猫は、某巨大神社の下に住むキジ白1匹。今日は横田基地で友好祭があるので、大混雑するであろう青梅線や八高線を避けて、立川からバスで帰ってきたのだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

「また遊びに来たの? 僕これからお昼寝なんだよ」
昭島市の猫

「君もお昼寝するなら、上の段が空いているよ」
昭島市の猫

 うーん、それちょっと無理かも……。
昭島市の猫

 昔の寝台列車を思い出すな。背が高くて体の硬い俺に、3段寝台の上段はきつかった。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 日高市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 調布市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 稲城市の猫
  5. 多摩市の猫

    2021.1.17

    鳴き合う茶猫
  6. 府中市の猫

    2021.1.16

    2匹のサバ白
  7. 八王子市の猫

    2021.1.13

    黒塀の黒猫
  8. みなかみ町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP