お迎えついでの猫散歩(2)


大田区の猫

 昨日の羽田で疲れていたせいか、今日は珍しくお昼近くまでグースカ寝ていた。朝になってサチコが布団の中に入ってきたり、マコちゃんがお腹の上に乗っかってきたりしたけれど、そうした勢力に負けることなく、久しぶりにぐっすり寝られた。
 今日の勤務は夜勤。目が覚めた時にはすでに雨が降っていて、見るからに寒々しい景色だったため、散歩はせずにまっすぐ会社に向かった。猫写真は昨日のお迎え散歩の続きから。
 海辺のプロムナードで数匹の猫たちに会ったあと、次の目的地である某巨大卸売市場に向かうべく、広い公園をバス停に向かって歩いていると、ベンチのところに佇むキジ白に遭遇した。この日は夥しい数の猫が出ていて、かなり端折って撮っているんだけれども、この子は見覚えのある顔だったので足が止まった。
大田区の猫

大田区の猫

 帰ってから調べたら、やっぱり会ったことのある子だった。去年の春以来だから、1年7ヶ月ぶり(前回の様子)。
大田区の猫

 散歩の第二弾は某巨大卸売市場から。なぜこんな場所を選んだのかというと、前回バスで場内を通り抜けた時に、車窓から数匹の猫を発見したからだ。その時は、一般人が立ち入っていいのか分からなかったので、指をくわえて眺めるだけだったが、あとから調べたら自由に入れることが分かったため、この日のコースに組み込んだのだった。
 ……だがしかし。
 確かに場内に猫はいたが、トラックだのフォークリフトだのターレットが縦横無尽に走り回り、悠長に立ち止まっていられるような雰囲気ではない。しかも相手が猫だなんて知れたら蹴られかねないので、とりあえず場内を一回りして休憩することにした。
 喧騒にやられて、市場の隅っこで小さくなって休んでいると、遠くの日なたに佇む猫発見。
大田区の猫

 ここなら誰も来ないから、ゆっくり遊べそうだな。
大田区の猫

 しかし、人懐っこくはなかった。近寄ったら玉ねぎ貯蔵庫に逃げ込んだため、しばらく張り込んでいると、中から小さいのが出てきた。二毛はお母さんだったようだね。
大田区の猫

 さらに張り込みを続けていると、今度はでかいキジ白と小さなキジ白が顔を出した。恐らく家族であろう猫たちはみんなとても臆病で、少しでも動くと貯蔵庫に逃げてしまうため、これ以上のアップ撮影は不可能。
大田区の猫

 市場のあとは、流通センターから一駅だけモノレールに乗り、猫の巣窟たる大森の下町にやって来た。運河にかかる長い橋を渡っていると、はるか彼方に早くも1匹発見。
大田区の猫

 とことこ歩いて最接近。ハゼ釣りに来たという近所のオヤジさんによれば、釣り餌のホタテを狙って、たくさんの猫が集まってくるのだそうだ。
大田区の猫

大田区の猫

 その辺をぶらぶらしていると、確かに猫たちが待機している。堤防の斜控杭が埋まっている部分に、止まり木のように佇んでいる。
大田区の猫

 こちらは二毛。子供たちのご飯を調達に来たのかな。
大田区の猫

大田区の猫

 黒いのもいた。こいつはとても人懐っこい子。
大田区の猫

 ほら、ごろーん。
大田区の猫

大田区の猫

 うちのマコちゃんに似た感じの懐き方をする子だったので、親近感もひとしおだった。
大田区の猫

 街なかに出て散歩続行。船着き場の片隅に無造作に置かれたボートから黒猫が出てきた。
大田区の猫

大田区の猫

 お昼寝から覚めたばかりなのか、フェンスの中から通りを眺めてぼーっとしていた。
大田区の猫

 公園で黒白が毛繕い中。
大田区の猫

 とても集中しているらしく、いくら呼んでも目線がもらえない。
大田区の猫

 真正面に回ったら、ようやくこっちを見てくれた。お忙しいところ済みませんね。
大田区の猫

 朝から何も食べずに10km近く歩いたので、いい加減くたびれてきた。予定では天空橋まで歩くつもりだったが、体力も尽きたし、猫もたくさんいすぎてきりがなので、ここで切り上げて、空港までタクシーで移動することにした。若干迷いつつ広い通りに向かっていると、路地の角っちょに小さいの発見。
大田区の猫

 日差しが気持ちいいのか、それとも体調が優れないのか、呼んでも撫でてもほとんど動かない。模様はクラシックタビーのようだね。
大田区の猫

 この日最後の猫は2匹の子猫。この写真は+5EVぐらい露出オーバーで、使えないだろうと思っていたけど、RAWで撮っていたお陰で何とか見られるレベルになった。部分的には完全に白飛びしちゃってるけど。
大田区の猫

大田区の猫

 人や自転車が通るたびに、自分の家に引っ込んでしまう。数分待って、再び出てきたところを1枚。
大田区の猫

 キジ白の方は臆病すぎて全然ダメ。か細い声で鳴くばかりで、いくら待っても敷地から出てこなかった。
大田区の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 羽村市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP