10年ぶりの粗相


国立市の猫

 10年ぶりぐらいでサチコが布団の上におしっこを漏らした。猫の尿はとても臭いが強くて、いくら洗っても消えないので、布団や衣類にやられたら、もう二度と使えない。サチコは水をたくさん飲む子なので、多少は希釈されて、臭いも弱いのではないかと期待したりもしたが、甘かった。最初はそうでもなかったが、時間の経過とともに臭いが強くなって、最後は家の中に置いておくことすらできなくなった。いちばんいい掛布団だったのになあ……。
 サチコが我が家の庭に迷い込んできたのは2003年の夏。生後2~3ヶ月だったのが、成長とともに布団の上でスプレーするようになり、買っても買ってもダメにされるので、夫婦揃って困り果てたものだった。最終的には去勢して収まったが、それまでの数ヶ月間で捨てた布団は10枚以上になった。
 あの時の放尿は、性成熟という明確な理由があったが、今回のは理由が分からない。痴呆が入ってきているのだとしても、尿漏れというレベルではなく、全開でぶちまけるには、11歳6ヶ月という年齢は少し早いのではないだろうか。
 今日の勤務は夜勤。出勤前の散歩コースは西国立から立川にしたが、天気が良くなくてモチベーションは下がり気味。そろそろ冬型の安定した気圧配置も終わりに近づいているようだ。
 家を出てすぐ、駅前再開発に伴い車両通行止めとなっている路地の先から、1匹の猫が現れた。
昭島市の猫

 巡回帰りのシャム混1号だった。工事が佳境に入り、縄張りが日々変化していくので、チェックに余念がないようだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 最後は高いところに落ち着いて、周囲の監視を始めた。
昭島市の猫

 この細い路地は歩行者用の迂回路となって、猫たちにとっても落ち着かない日々が続いている。
昭島市の猫

 西国立から始めた散歩はあまり振るわず、顔見知りにはほとんど会えなかった。
立川市の猫

立川市の猫

 この辺りにとても人懐っこいキジトラが1匹いたのは覚えているけど、こいつだったかどうか……。
立川市の猫

 枯れた原っぱの空き地で黒発見。
立川市の猫

 黒だけに、こいつも会ったことがあるかどうか判別不能。
立川市の猫

 物置の上からこちらを眺める黒白発見。
立川市の猫

立川市の猫

 離れた場所にもかかわらず、敷地の奥へ逃走を図ったため、隣の路地に回って出てくるのを待った結果、こういう写真になった。
立川市の猫

 意表を突かれて後ずさり。
立川市の猫

 まだ見ているね。
立川市の猫

国立市の猫

 最後に見かけたのは、二等兵の相方のクリーム猫。猫たちの憩いの場となっていた広い駐車場には家が建ち、目下分譲中になっているが、まだ買い手がつかないようだ。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 冬山郷の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日高市の猫
  2. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  3. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  4. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  5. 国分寺市の猫
  6. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪
  7. 昭島市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP