黒い夫婦に会いに


八王子市の猫

 春というのは天候が不順なものだけど、今年は特に不順な気がする。ここのところ毎日のように雨の心配ばかりしていて、気のせいではない証拠に洗濯物も溜まりまくっている。
 昨日の谷保散歩のあとも、会社に着く前から雨が降り出して、今日の午後までだらだらぐずぐず降り続いていた。夜になってウェザーニューズの予報を見たら、晴れマークが並んでいたので、今だと思って洗濯機を回したら、さっきまた降り始めた。明日になってからでは夜勤前に取り込めないし、明後日まで吊しっ放しだとまた雨が降る(部屋干しは嫌い)。
 ……そんなわけで、今日の夜勤明けも雨散歩。当初はまっすぐ帰るつもりでいたが、多摩モノレール沿線に住む2匹の猫に会いたくなって、途中下車してみた。
 だいぶ淋しくなった桜並木の緑地帯。茂みから4つの目玉がこちらを眺めていた。
八王子市の猫

 久しぶりー。元気そうだねー。
八王子市の猫

八王子市の猫

 こちらはちょっと臆病。どんな種類のニンゲンか見極めようとしている顔つき。
八王子市の猫

 にゃあにゃあ鳴きながらアプローチを試みる黒。動画も撮っといた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 黒白の方は、おっぱいがたっぷんたっぷん。子猫は見かけなかったけど、おっぱいが出ているなら、たくさん食べないといけないね。
八王子市の猫

 夫婦と思しき黒い2匹と別れたあと、立川から青梅線で帰宅するつもりでいたら、間違えて中央線に乗ってしまった。軽い目眩を覚えつつ、豊田~北八王子なら地図なしでも歩けるので、ついでに散歩して帰ることにした。
 ぱらつく雨の中、15分ほどかけて猫物流跡地に行ってみると、砂利の上で茶白婆さんが寛いでいた。
日野市の猫

日野市の猫

 今日はは不在らしい。少し探してみたけどいなかった。
日野市の猫

 日中帯は30分に1本しか来ない八高線に合わせるため、その辺をぶらぶらしていると、民家の敷地で三毛発見。
日野市の猫

日野市の猫

 その裏側には茶色いのもいた。鼻筋の白斑が個性的だね。
日野市の猫

 前髪ぱっつんのキジ白もいた。猫物流がなくなってから、この辺にはあまり来なくなったけど、丁寧に探せばそれなりに見つかるかも。
日野市の猫

日野市の猫

 塀の向こうからこちらを見つめる視線あり。
八王子市の猫

 大白斑の黒白だから、小さくても分かりやすかったかな。このあと接近を試みたけど、大変な勢いで逃げてしまった。
八王子市の猫

 とある民家の赤い通路にキジ白が佇んでいた。
八王子市の猫

 かつて、この隣には古びた町工場があって、1匹のくたびれたキジ白が住み着いていた。工場は1年ほど前に取り壊されて更地になり、くたびれたキジ白はそれきり見ない。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 三浦市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP