« 8月 2019 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2015-10-24
転居のご挨拶(北口編・その2)

 重曹すごい! すごいよ重曹!
 先日外した2つの混合水栓は8年も使っているので、水垢がついてしまってかなり汚れている。水垢というのはいくら擦ったって取れるものではなく、機能に影響があるわけでもないので、そのまま新居で使うつもりでいたんだが、試しに重曹を溶かした水に一晩浸けておいたらアラ不思議。台所用のスポンジで軽く擦っただけで落ちること落ちること。ぴっかぴかの新品同様に生まれ変わった。俺は猛烈に感動した。
 まあ引っ越し4日前になってそんなことに気づいても、今さら掃除する時間は残っていない。俺はどうせ間に合わないなら最初から何もしない主義なので、今回の知見を胸に刻むに留めて昨夜は寝た。
 そして一夜明けた今日は夜勤のため散歩はお休み。19日の続きとなる駅北口の猫たちを紹介する(前回はこちら)。
 茶系猫の巣窟たる町工場で引っ越しの挨拶を済ませたあと、散歩再開のつもりで歩き出すと、向かいのアパートの敷地で丸くなっているのがいた。
福生市の猫

 すっかり寝入っているな。気づかれないように近寄ってみよう。
福生市の猫

福生市の猫

 あ、バレた。
福生市の猫

 「なんだよー。寝顔を撮るなんて趣味悪いぞ」
福生市の猫

 抗議の茶トラ白のあとは次の猫拠点へ移動。車の上に黒がいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 「引っ越しの挨拶か。いい心がけだな。みんな出ているから回ってきな」
昭島市の猫

 ほど良い日差しの朝。黒の言う通り、どの猫も思い思いに寛いでいる。
昭島市の猫

昭島市の猫

 屋根の上からこちらを眺めているのもいた。
昭島市の猫

 近寄ったら身を伏せた。どうせ届かないんだから、そんなに警戒しなくたっていいじゃんか。
昭島市の猫

 真下から太陽をバックに撮ってみる。本当はこれを月でやりたいんだが、太陽と月では難易度が天と地ほども違う。なぜかというと、(1)夜なので三脚が必須。(2)猫に動かれるとブレる。(3)通報される。
昭島市の猫

昭島市の猫

 路地を一回りして戻ると、塀の上に茶トラがいた。
昭島市の猫

 「私に挨拶だと?」
昭島市の猫

 「とおっ」
昭島市の猫

昭島市の猫

 「まずは撫でろ。話はそれからだ」
昭島市の猫

昭島市の猫

 あのー、終わったので帰ります……。
昭島市の猫

 一通り回り終えて、元来た道を引き返せば、そこにも何匹かの猫が住む猫民家がある。キツネ顔の灰白がいたらいいなと思っていたら、果たして奥の方からこちらを見ていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 歓迎していないのが丸分かりの顔つき。むしろ落ち込んでしまった。るーるーるー……。
昭島市の猫

 時刻は10時近くになり、強い日差しで猫たちも引っ込んだようなので、北口散歩はこれで終わることにした。最後に見かけたのは植え込みの黒白。
福生市の猫

福生市の猫

 北口の散歩というと、以前は貨物線の線路端が定番だったが、ある時期からぱったり見かけなくなって、結局そのまま引っ越すことになってしまった。線路端で出会った猫には駅長もいた。この4年半で北口の猫分布はすっかり様変わりした。次来た時、今日の猫たちにまた会えるだろうか。
福生市の猫

 最後に紹介するのは我が家の2匹。バルコニーの整理が一段落したので、記念に撮っておいた。
昭島市の猫

 家の中で暮らしている猫というのは、穏やかな顔をしているものなんだなあ。
昭島市の猫

Classification tagging : | | | | | |