病み上がりのお正月


八王子市の猫

 大晦日の夜は予定通り我が家の2匹を風呂に入れて、家族(猫含む)で夕食を済ませたあとは、みんなで炬燵に入ってまったりしていたんだが、昼間から痛み始めていた頭痛が激しくなってきたため、紅白の途中で布団に入った。そのまま元旦が過ぎて、ようやく動けるようになったのは今朝になってから。紅白はともかく、除夜の鐘を聞かずに年を越したのは、物心ついてから初めてかも知れない。
 今朝になっても多少ふらっていたが、元旦の抜けるような青空を窓から眺めて臍を噛んでいたため、リハビリ的に散歩することにして、9時前に家を出た。今日のコースは八王子から西八王子まで。2016年最初の猫は、近所のキジトラから始まった。
昭島市の猫

 昨日と違って雲が多いのが残念だが、家を出てから30秒で会えたのは素直に嬉しい。
昭島市の猫

 「ありがとー」とにこやかに話しかけてみたが、呆気なく逃げてしまった。
昭島市の猫

 駅近くの猫拠点。いつもの給湯器をチェックすると、いつものキジ白が止まり木のように座っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 西立川名物(?)の赤茶けたキジ白。今年も時々モデルになってもらうと思うから、よろしく頼むよ。
昭島市の猫

 八王子には9時半に着き、まずはいくつかの猫拠点に顔を出してみた。高みからこちらを眺めているのが1匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 次の猫は地面で日なたぼっこ中。いつも屋根の上で見る茶トラだ。
八王子市の猫

 眩しそうにしているね。
八王子市の猫

 近寄っても平気だったが、うつむき加減で縮こまってしまった。カメラは苦手だったかな。
八王子市の猫

 民家の敷地でご飯待ちと思しき黒白発見。
八王子市の猫

 冬毛のせいか丸々している。タキシードがぱっつんぱっつん。
八王子市の猫

 「突然現れて失礼なことを言うヤツだな」
八王子市の猫

 アパートの隙間に黒い影あり。
八王子市の猫

 「写真を撮らせてくれって? あいにく家内が取り込み中なんだ。あとにしてくれないか」
八王子市の猫

 「あっ」
八王子市の猫

 「いやー!」
八王子市の猫

 取り込み中の夫婦に怒られつつ、さらに進むと、とある民家の門扉に張り付いているのを見つけた。なお、門扉の下の隙間にも見え隠れしているが、撮影中はまったく気づかなかった。
八王子市の猫

 近寄るまでもなく逃亡。塀を曲がる前に一時停止してくれた。
八王子市の猫

 枯れた草むらで気持ち良さそうにしているのがいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この家の敷地で猫を見るのは2回目。前回は1年以上前だったから、違う猫だろうと思っていたが、家に帰って確認したら同一人物だった。元気そうで何より。
八王子市の猫

 民家の庭で子供たちが寛いでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 端からバレていたのでこの結末。興味はありそうだったが、うしろの子は二度と出て来なかった。
八王子市の猫

 とある猫路地を通りかかったら、ちょうど2匹の猫が出てきた。1匹は黒で、もう1匹は鎖を張った奥側のポールの左横。顔だけ出しているのが分かるかな。
八王子市の猫

 まだ若い2匹。毛色は違っても遺伝的な差異は小さくて、アグチ遺伝子の遺伝子型がA-(キジ)かaa(黒)かの違い。劣性のaaではフェオメラニンが作られないので、キジ色の褐色部分が黒くなって黒猫になる。たぶん兄弟なのだろう。
八王子市の猫

 どちらも割と人懐っこくて、呼ぶと返事もしてくれたが、こちらが手ぶらと分かると興味を失ったらしく、連れ立って建物の裏へと消えていった。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 江東区の猫
  4. 浦安市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP