雪とスーダラ君と震える係長


立川市の猫

 18時現在の台北の気温は3℃ほどで、市内でも雪が降ったとのツイートがちらほら見られる。郊外や山沿いは各所で積雪が観測されていて、あちらのニュースはどこも大はしゃぎの様相だ。
 亜熱帯~熱帯に属する台湾は暖房設備が貧弱で、公共施設ですら暖房のないことが多い。一昨年12月に訪台した時は夜になって気温が下がり、宿のエアコンを入れようとしたら暖房モードがなかった。温まるにはシャワーを浴びるほかなく、しかし布団は薄く、帰国したら絶対に風邪を引くと確信したものだった。
 一方、東京は今日も平穏。朝から天気が良かったが、家のことを片付けるため散歩をお休みしたので、猫の方は昨日の自転車散歩の続きを紹介しとく。最後に寄った某巨大公園では動画も撮ったので、こちらからどうぞ。
 かーちゃんと遊んだ20分後、路地の突き当たりに猫発見。ちょっと分かりにくいかな。
昭島市の猫

昭島市の猫

 まだ若そうな茶トラ白。この辺の猫たちがみな臆病なのは分かっているので、慎重に接近したが……、
昭島市の猫

 やっぱりこうなった。逃げ切らなかっただけありがたい。
昭島市の猫

 定点の猫民家。キジ色の猫が何かの匂いを嗅いでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 缶の中身は食べものではなさそうだ。湿っぽい目でこちらを見つめる渦巻き猫。あいにく俺も手ぶらなんだよ。
昭島市の猫

 とある民家の敷地に大白斑のキジ白がいた。薄色というか、赤毛というか、微妙な色調だね。
昭島市の猫

 不信感ありまくりの目つき。もう少し信用してもらえませんかね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 15時を過ぎて、曇った空がいっそう暗くなってきた。小さな庇の上に猫発見。
立川市の猫

 落ち着いた雰囲気のサビだった。辺りを監視しているのかな。
立川市の猫

「ご飯の人を待っているの。早く見つけて、いちばんに行かないと、ほかの子に食べられちゃうのよ」
立川市の猫

 散歩の最後は某巨大公園に寄ってみた。東京も一時雪になるとの予報が出ていたせいか、土曜日にもかかわらずお客さんはまばら。茶トラ係長とスーダラ君も店じまいの佇まいだ。
立川市の猫

立川市の猫

 閉園まで30分ぐらいあるから、少し遊んでおくれよ。
立川市の猫

「いいけど、そっちなの……」
立川市の猫

 さく。
立川市の猫

 さくさく。
立川市の猫

「……」
立川市の猫

「……寒いな」
立川市の猫

「戻ろう」
立川市の猫

「お前たちは物好きだな」
立川市の猫

「ねえ係長、雪はとても冷たくて、凍えるかと思ったよ」
「そうだろうな」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 台東市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.9.18

    黒白色々
  3. 川崎市の猫

    2020.9.17

    ミモザとサビ
  4. 立川市の猫
  5. 大阪市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 多摩市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.9.12

    親子で雨宿り

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP