足と白菜


日野市の猫

 前回の台湾旅行は中華航空の羽田~松山便に乗ったが、今回はバニラエアで成田~桃園を往復する。現地滞在時間を長く取るため、往路は成田発7:15で、当日朝に家を出ても間に合わない。なので、前夜のうちに出発して、横浜線の橋本駅から成田行きの夜行バスに乗った。一方復路は成田に着くのが22:10で、これは終電に間に合うかどうかギリギリの時刻だ。LCCは第3ターミナルに着くが、まだ利用したことのないターミナルであり、駅までどのぐらいかかるか見当がつかない。空港第2ビル発22:51の京成特急に乗れば、立川までは電車で帰ってこられる。もしそれに間に合わなかった場合は、23:06の電車に乗れれば、新宿まで出られて、そこから深夜バスで国立までは行ける。いずれも到着から数十分しかなく、あとは追い風で飛行機が早着することを祈るばかりだ。最悪の場合は始発まで成田空港のロビーで寝ることになるが、その際はTwitterで呪詛のメッセージをつぶやくはずだ。ブログの更新も、疲れてしまってすぐにはできないと思う。
 さて、今日紹介するのは、22日の出勤前に見かけた猫たち。諸般の事情により今月末は出勤をセーブしていて、この日もお休みの予定だったが、急に報告書を書かなければならなくなったため、散歩のあと一旦自宅に戻り、着替えて出社したのだった。
 散歩の始まりは柴崎町界隈から。とある民家で黒いのが寝ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 ここはたまに立ち寄る場所。こいつも何度か見かけたことがあるはずだが、黒だけに確定はできない。
立川市の猫

 巨大石灯籠の遥か向こうに猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 こちらに気づいて車の間に入ってしまった。ただ、飛んで逃げるほど拒絶する子ではなく、根気よく待てば多少は親睦を深められるかも知れない。
立川市の猫

 風が強かったせいか、天気の割に芳しくない。次の猫に遭遇したのは、多摩川を渡って日野市に入ってから。
日野市の猫

日野市の猫

 ごろごろした声で鳴きながら、とぼとぼと歩き回っていた。恋人を探しているのかな。
日野市の猫

 巡回帰りと思しき三毛発見。
日野市の猫

 「何だい、私をナンパしようっていうのかい」
日野市の猫

 「見てるだけかい。最近は意気地のないのが多いね」
日野市の猫

 そんな一部始終を眺める二つの目。
日野市の猫

日野市の猫

 「あの子を先に見つけたのは僕なんだからな」
日野市の猫

 白菜畑で足発見。
日野市の猫

日野市の猫

 「俺の足に何か用か」
日野市の猫

 ここもたまに立ち寄る猫民家。西向きの裏庭で3匹の猫が寛いでいた。
日野市の猫

 この子は一昨年の夏に見かけた子猫。もうすぐ2歳になるころだと思うが、あんまり体格が変わったようには見えない。小柄な子なのかな。
日野市の猫

 手前の足元にも1匹。こちらも一昨年の夏に会ったお母さん猫
日野市の猫

 急に出社しなければならなくなり、足早に日野駅へ向かっていると、とある民家でまったりしているのが目に入った。
日野市の猫

日野市の猫

 寝てはいない。頑なに目を閉じている。
日野市の猫

 似たような風体のがもう1匹いた。親子か兄弟と思われる。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.6.6

    夏の始まり
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  4. 昭島市の猫
  5. 新宿区の猫
  6. 多摩市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  8. 小金井市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP