いたずら者の矜持


日野市の猫

 猫物流跡地。
日野市の猫

 夜勤明けの仕事帰り、久しぶりに猫物流跡地に寄ってみると、車の隙間に見覚えのある茶トラ白がいた。あれはかつてここで生まれた2匹の子供たちの父親だ。見かけたのは去年1月以来。
日野市の猫

 ありゃ、行っちゃうの。
日野市の猫

日野市の猫

 辺りを一通り嗅ぎ回って、再び駐車場に戻ってきた。単に避けられただけかも知れない。
日野市の猫

 猫物流の残留組は父と婆さん。子供たちはどこかで元気にしているだろうか。
日野市の猫

 今日の散歩は豊田から猫物流跡地を経由し、八高線の小宮に至る約6.9km。後半は初めて歩くコースで、久しぶりに新規開拓のドキドキ感を味わうことになった。猫物流の父と別れて30分後、1匹の猫が民家の敷地から出てきた。
日野市の猫

 サバ白にしてはずいぶん白っぽい。ちょっと見たことのない毛色で、しばらく見つめ合ったまま悩んでしまった。とはいえ、灰色と白で構成されていることは明らかで、となると銀トラ(シルバーマッカレルタビー)しか思い浮かばない。恐らくシルバーチンチラかと思うが、見たことのない毛色なので判定できない。タグは「まだら」に分類しておく。
日野市の猫

日野市の猫

 「その他」の猫は行ってしまったが、敷地の中にはもう1匹いた。日陰なので分かりにくいかな。
日野市の猫

日野市の猫

 「あなたも喉が渇いたの?」
日野市の猫

 いや、どちらかというと、水よりトイレに行きたいんだよね。
日野市の猫

 「トイレは貸せないよ、君は大きすぎるもの」
日野市の猫

 行っちゃった。
日野市の猫

 公園などの公衆トイレの設置率は自治体によってかなり違い、立川は割と整備されているが、日野は少ない。内股になって急ぎ足で歩いていると、幸か不幸か行く手に猫が見えてきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 「今日はろくなものがないな」
八王子市の猫

 「何だお前は。俺は今忙しいんだ」
八王子市の猫

 「おおっと、施しは受けないぜ。俺は自分の鼻しか信用していないんでね」
八王子市の猫

 眼光鋭い黒白の次も黒白。車の下でお尻だけ日に当たっていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 黒白のあとは茶トラ白にも行き会った。この辺りは殺風景な工業地域だが、意外に猫影が濃い。
八王子市の猫

 散歩を終えて地元に戻ったら正午になっていた。いつもの場所にはトラ子さん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 トラ子ストリートでもう1匹。とある猫民家を覗いてみると、塀の向こうからキジ白が出てきたところだった。
昭島市の猫

 明日は朝から羽田に行く。天気が良ければ、ついでに散歩して来るかも知れない。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 台東市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 相模原市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP