黒白多め散歩(3)


昭島市の猫

 「茶猫タウン」と呼んでいるエリアには中華料理屋が何軒かあって、散歩のついでに立ち寄ることがたまにある。どこも同じぐらい美味しいので、贔屓は作らずに、その時いちばん空いている店に入ることにしている。ランチタイムのサービス競争の結果なのだろうが、個人的にありがた迷惑なのが大盛りを頼んだ時のご飯の量で、普通の2.5倍ぐらい出てくるので、全部食べるのに大変苦労する。しかも、ようやく片付いたと思ったら、「若いんだからもっと食べろ」と、頼んでもいないのにお代わりまで出そうとする。もう食べられないし若くもないということが、中国人店主に正しく伝わっていないような気がしてならない。ちなみに今日の仕事帰りに寄った店は、茶猫タウンの茶色い猫たちの面倒を見ていたりもして、ご飯を食べながら猫談義でもしたかったが、てんこ盛りのご飯を胃袋に流し込むのに精一杯で、そんなことをする余裕はまったくなかった。
 さて、今日の記事は「黒白多め散歩」の最終回。行きがかり上、3回とも同じタイトルで引っ張ったが、写真の数が中途半端だったため、今日紹介するのは道中最後の4匹で、しかも黒白は1匹だけとなった。そのほか、今月1日の出勤前に会った猫たちも載せられずにいたので、併せて紹介しとく。
 まずは5月31日の黒白多め散歩から。
福生市の猫

 行き止まりの路地でごろごろしていたのは、この日9匹目の黒白。前回最後に紹介した黒白が6匹目だったが、その後ここへ至るまでに2匹逃げられている。
福生市の猫

 ごめんなさい、その姿勢はトイレだね。食事中とおトイレ中は、カメラを向けないようにしているんだが、撮っちまったもんは仕方がない。
福生市の猫

 前方の交差点に小さいのが出てきた。
福生市の猫

 親子のようだ。早くも見つかって警戒されちゃってる。
福生市の猫

 自分が囮になって、俺を子供から遠ざけようとするお母さん。健気な親心に付き合っとくか。
福生市の猫

「早くどいてくれないかしら」
福生市の猫

 この日の散歩は、人懐っこいキジ白のごろーんで締めと相成った。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 灌木の若芽を嗅ぐキジ白。長い散歩だったが、色んな子に会えて楽しい一日だった。
昭島市の猫

 そして一夜明けた6月1日。曇って暗い木立に所在なげな背中が二つ。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつはブアイソーズ公園の古株。シャカシャカしていたのは長毛薄色二毛。どちらもここの常駐メンバーだ。
国立市の猫

 チョビ髭の黒白もいた。
国立市の猫

国立市の猫

 離れた場所には腰巾着の茶トラ白。みんなご飯待ちの態勢だな。
国立市の猫

国立市の猫

 どれもこれも見た風景だなあと思って、家に帰って調べたら、1年前にもほとんど同じ雰囲気の写真を撮っていて、ブアイソーズの安定感に感心してしまった。この1年間、彼らがどう過ごしたか知るべくもないが、去年と同じ挙動を示しているということは、恐らくそう大きなトラブルはなかったのだろう。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP