小さいのたくさん


昭島市の猫

 今朝は辛うじて雨が上がり、時間とともに空が明るくなってきたので、バスに乗って市内の外れまで散歩に出かけた。市内とはいえ歴史の古い土地なので、面白い場所がたくさんあって意外に退屈しない。20分ほどバスに揺られ、昔の宿場町にたどり着いたのは10時前。廃屋でくつろぐ黒白を見つけた。
昭島市の猫

 見てくれはヨレた感じだが動作は俊敏で、懐くかと思って手を差し出したら飛んで逃げてしまった。その調子で今後も頑張れ。
昭島市の猫

 この写真にもちゃんと猫が写っているんだが、かなり分かりづらいかも。正解は、右の民家の水場に2匹(黒白と黒)と、その横のスチール物置の左下に1匹(茶色っぽいの)。
昭島市の猫

 スチール物置の下から小さいのがたくさん出てきた。元気だねえ。
昭島市の猫

昭島市の猫

昭島市の猫

 室内から親と思しき猫が覗いている。
昭島市の猫

 はい全員集合。
昭島市の猫

 晴れたり曇ったりで安定しない空模様の下、進路を北に変えて歩いていると、民家の裏庭にキジトラがいた。
昭島市の猫

 四肢と胸元が白いのでキジ白だね。
昭島市の猫

 おーい。
昭島市の猫

 しばらくあとをついて回って、ようやく目線をもらえた。
昭島市の猫

 そして宿場町の中心となる某巨大神社では、いつもの黒白がまったり中だった。
昭島市の猫

 野良のようだが、氏子さんに大切にされているらしい。冬毛が抜けてすっきりしたね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 神社近くの駐車場では、キジ白が休憩中だった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 足が悪いようだけど、ここならまあ住みやすいのかな。
昭島市の猫

 この子も某巨大神社とセットで見かける(こちらこちら)。時々ものすごく可愛らしい表情をするので、実は携帯の待ち受け画面にしていたりする。今日は飼い主の奥さんについて出ていたので、挨拶して写真を撮らせてもらった。名前は「みーちゃん」というそうだ。
昭島市の猫

昭島市の猫

 このあと遠くで雷が鳴り始めたので、慌ててバスで帰ってきた。明日は千葉方面に遠征に出かける予定。晴れるかなあ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 琉球郷の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP