柘榴と渦巻き


福生市の猫

 珍しく多摩モノレールが運転見合わせになったため、立川南で50分ほど待ちぼうけを食わされたが、それ以外はどうということもなく出勤して、今は職場でこれを書いている。八王子の時間あたり最大降水量は40.5mm、瞬間最大風速は27.1m/sということで、旧分類なら「並の強さ」程度の台風で大したことはなかった。これならきっと猫も見つけられたと思うが、さすがに直撃の真っ只中だと傘がまったく役に立たず、外に出て数秒後にはほとんどずぶ濡れになり、猫がいるとかいう以前に、人目が憚られるので自重した。
 今日載せるのは昨日の散歩の後半部分。某巨大団地の黒猫に会ったあと、市境を超えて福生市に入ったころには17時近くになっていた。辛うじて差していたはずの日差しは、いつの間にか分厚い雲に遮られ、辺りは急に暗くなってきた。
 猫の方は相変わらずぽつぽつと目に入ってくる。市域が変わっても、団地で寛ぐ猫の風体はどこも同じだ。
福生市の猫

福生市の猫

福生市の猫

 曇って暗くなったのに、まだ車の下で頑張っているのがいるね。
福生市の猫

 あの子、知り合いかも。
福生市の猫

 やっぱりそうだ。何度かここでモデルになってもらったことがある(例えばこちら)。久しぶりだねー。
福生市の猫

「……」
福生市の猫

 機嫌が悪そうなので次行ってみようか……。
 団地を抜けて、さらに北へ向けて歩いていると、とある民家の塀の向こうに猫が集まっていた。
福生市の猫

 やあ、みんなで集まって何してるの?
福生市の猫

 あらやだ。
福生市の猫

福生市の猫

 そんな様子を陰から眺める出歯亀もいた。ちなみに疑似交尾は若い猫だけに見られる行動と思っていたが、ここのところ我が家でもマコちゃん(7歳)がサチコを襲うようになっているので、若い猫限定というわけでもなさそうだ。かつてはサチコがマコちゃんに同じことをしていたのに、逆の立場になるのはかなりイヤなようで、上に乗られるとシャーと叫んで逃げていく。マコちゃんは力ずくだからなあ……。
福生市の猫

 そして散歩も終盤。会いたいと思っていた柘榴の家のクラシックタビーが道端に出ていた。元気にしているようで良かった。
福生市の猫

 耳がものすごくイカになっているな。人懐っこい子なんだけどな。
福生市の猫

福生市の猫

 いつもならごろーんが止まらなくなるところだが、この日は動きが少なめ。縁石にもたれて寛ぎモードに入った。
福生市の猫

 それなりにお年を召している子だと思う。息災のようで何よりだ。
福生市の猫

 最後は再び団地にて。夕闇迫るプロムナードに猫が佇んでいた。
福生市の猫

福生市の猫

 こいつはこの辺りでたまに見かける子。きれいなレッドティックドタビーは、小型のメスライオンのようだ。
福生市の猫

 にゃあにゃあ鳴きながらもう1匹現れた。
福生市の猫

 2匹が向き合う自転車置き場に、一瞬だけ夕日が差した。
福生市の猫

 この夕日が再び雲に遮られれば、台風が過ぎるまで日差しはお預けとなる。2匹の逢瀬を邪魔するのは本意ではなく、ちょうどやって来たバスに乗って散歩を終了した。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 台西郷の猫
  5. 立川市の猫
  6. 高雄市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP