夏日から冬日へ


立川市の猫

 台湾旅行2日目は台湾島の南端に近い枋寮という街に泊まった。暑いことは覚悟していたが、夜になっても20℃以上あり、寝る時は半袖で窓を開ければちょうどいい感じだった。あくる3日目はよく晴れて、冬といっても熱帯だから、気温はたちまち25℃を超えた。日本の基準では夏日ということになり、犬は日陰で引っくり返るし、猫は見えないところへ引っ込んで出てこない。真冬でもこうなのだから、それ以外の季節に台湾で猫を探すのは無理だと悟った。
 そして帰国後初の散歩となった今日は冬日。朝は氷点下2.7℃まで下がり、日中も6.0℃までしか上がらないまま、20時前には再び0℃を割ってしまった。しかし、こんな日にも猫はいる。イエネコというのは、単一の種でありながら、世界中のあらゆる気候で暮らしているのだから、大した適応力だと思う。好きこのんで住んでいるわけではないのだろうが、俺が今まで見た中で最も北にいたのは北緯71°だった。
 今朝の散歩は西国立から立川南まで。相変わらず日の出が遅いため、見つけた猫は2匹に留まった。
立川市の猫

 先日も同じ場所で見かけたばかりのイケメン黒白。空っぽのお皿を前に沈思黙考中。
立川市の猫

立川市の猫

 2匹目は黒いやつ。
立川市の猫

立川市の猫

 上目遣いでこちらを見ながら、にゃ、にゃと短く鳴いていた。撮影条件が悪すぎて、せっかくのきれいな毛並みがうまく写らない……。
立川市の猫


関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 中央区の猫
  5. 福生市の猫
  6. 新宿区の猫

お知らせ

▶このブログは日本語で記述されています。メインメニューから他の言語を表示することもできますが、Google翻訳を使用しており正確性は保証されません。這個部落格以日文撰寫。從主菜單中可以查看其他幾種語言。這些語言由Google翻譯、不保證準確性。This blog is written in Japanese. Several other languages can be viewed from the main menu below. These are translated by "Google Translate" and accuracy is not guaranteed.

▶ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。AI学習用のWebクローラーはすべて拒否しています。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。這台伺服器拒絕所有用於AI訓練的網路爬蟲。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. This server denies all AI training web crawlers.

Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫

    2024.6.22

    女黒白ボス
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2024.6.17

    梅雨入り間近
  5. 川崎市の猫
  6. 川崎市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP
一日一猫の更新情報を受け取りますか? 受け取る 結構です