冬晴れの猫農家


所沢市の猫

 何となく体が痛むような気がして、妻に体の裏側を見てもらったら、あちこちに傷や出血痕があったそうで、一昨日の怪我は意外にひどかったようだ。ただし昨日はそれで更新を休んだわけではなく、朝から午後までたっぷり散歩を楽しみ、写真の用意ができていたにもかかわらず、文章を考えているうちに眠くなってヘタレたのだった。
 昨日は北風が強く、会いたい猫に会えるかどうか不安に感じるほどだったが、天気は良かったので予定通り出発。散歩コースは東所沢~新秋津で、まず始めに駅近くの猫農家に立ち寄った。西立川の床屋に通うようになってからというもの、新秋津にも東所沢にも用がなくなり、行くとしたら馴染みの猫に会うぐらいだ。猫農家には去年1年間で3回訪れたが、伊之助には会えずじまいだった。
 この日迎えてくれたのは三毛。この子はとても多産な子。
所沢市の猫

所沢市の猫

 本当はもっと細面なんだが、真冬なので丸顔になっている(真夏のご尊顔はこちら)。別人みたい。
所沢市の猫

 その向こう側にはサバ白もいた。ここでサバ白を見るのは初めて。
所沢市の猫

所沢市の猫

 あとは見覚えのある三毛と……、
所沢市の猫

 大白斑のキジ白もいた。だいぶ前に近所の人が教えてくれたところによると、ここの猫はずいぶん減ったそうで、いったいどれだけ残っているのか気になっていたんだが、この日はそれなりに知った顔が揃っていた。ただ、伊之助はいなくなってしまったようだ。ほかにも状態の悪かったのが軒並み消えているので、感染症が流行るなどしたのかも知れない。
所沢市の猫

所沢市の猫

 ずいぶん淋しくなってしまったけど、君たちがいるならまた来ようか。
所沢市の猫

所沢市の猫

 猫たちの方は、天気に恵まれて上機嫌。いつもは逃げ足の速い大白斑が、珍しくごろーんしている。
所沢市の猫

 ちらり。
所沢市の猫

 「さっさと出すもん出しやがれ」
所沢市の猫

 猫農家の次はツンデレ三毛のご機嫌伺い。所定の場所で丸くなっていた。
所沢市の猫

所沢市の猫

 駆け寄ってきたりごろーんしたりブレたり色々あって、最終的にこのようになった。
所沢市の猫

 「それで美味しいものは」
所沢市の猫

 「やっぱり雑食野郎は気が利かなくてダメね」
所沢市の猫

 この日の散歩は広域散歩。トラ子パーキングを覗いてみたら、向こうも出てきてこちらを窺っているところだった。引っ越し前日の去年10月4日以来。
昭島市の猫

昭島市の猫

 塀の内側には相方のキジ白もいた。相変わらず仲がいいね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 元気そうなトラ子さんの姿を見て安心していると、目の前を猫が横切った。
昭島市の猫

 美人さんの妹だった。先日と同様、トラ子さんのお立ち台に落ち着いた。この子には来るたびに会えるので嬉しい。
昭島市の猫

昭島市の猫

 最後の寄り道は、先日行けなかった某巨大公園。暇そうにしているな。
立川市の猫

立川市の猫

 あらら、くずおれていく。寝るところだったの。
立川市の猫

 日だまりのスーダラ君は前足を伸ばしたまま動かなくなった。係長は最初から最後まで動かなかった。閑散とした公園の片隅の出来ごとだった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 杉並区の猫
  2. 青梅市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP