台湾一周・猫の旅(8)


枋寮郷の猫

 外を歩いていたら屋根からどかんと音がして、びっくりして飛び退いたら柿が落ちた音だった、なんてことはよくあるが、台湾で落ちてくるのはそんな生易しいものではなくココナツ、つまり椰子の実だ。
 俺の育った北海道では、冬の登下校時、絶対に軒下を歩くなと口を酸っぱくして言われたものだった。屋根に積もった雪は下層部が氷になっていて、落雪の直撃を受けたら高い確率で死ぬからだ。それと同様に、台湾の学校では、絶対に椰子の木の下を歩くなと指導していると思うのだがどうか。
 今日の記事は台湾猫散歩の8回目(前回はこちら)。早くも帰国日となった1月11日、そこいら中に椰子の木が生えていて、猫探しも命がけな街・枋寮で出会った19匹の続きを紹介していく。
 再びやって来たのは海岸通り。漁港に猫が付き物なのは日本も台湾も変わらないらしく、ぽつりぽつりと出てきては、自分の陣地に座っている。やや雲は多いものの青空が見えていて、このまま行くと日中はかなり暑くなりそうだった。
枋寮郷の猫

 肝腎の猫はこちら。
枋寮郷の猫

 海と反対側に小さな黒い影を発見。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 台湾では珍しく、短い巻き尻尾のようだ。
枋寮郷の猫

 人懐っこくはなさそうだな。たまには尻尾ぴーんで突進してくるような子に会いたいんですけど。
枋寮郷の猫

 「手ぶらでそれを言うのか、日本人」
枋寮郷の猫

 築港に差しかかってさらに歩いていると、椅子の上で寛ぐ猫に遭遇した。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 こんにちはー。お寛ぎのところ恐縮ですが、写真を撮らせてくださいな。
枋寮郷の猫

 しゃかしゃか。
枋寮郷の猫

 「好的、請」(はい、どうぞ)
枋寮郷の猫

 近寄ってみると、めっちゃ人懐っこい子だった。にゃあにゃあ鳴きながら足元から離れようとせず、却って写真が撮れなくなったため動画に切り替えたが、それも足に絡みつくだけの単調な絵になってしまった(こちら)。こういう時は遊ぶに限る。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 20分ほどかけて遊び倒したあと、その場を立ち去ろうとすると、もう行くのとでも言いたげな丸い目で、ずっとこちらを見つめていた。きっと再び来ることのない場所で、こんな風に見られると、後ろ髪を引かれてしまってとても辛い。
 ところでこの黒白に出会ったころ、遠くの建物や椰子の木がずいぶん霞んで見えるようになっていた。天気はいいはずなのに街全体が白んでいて、最初は薄雲がかかっていると思っていたのだが、スマホの台湾版気象情報を見たら、原因はPM2.5だったことが分かった。この日、経由地の屏東や高雄では、飛散量が93~99µg/m³という高い値を記録した。ニュースなどで紹介される「ひどい有様の北京」が数百~1,000μg/m³以上だそうで、それに比べれば小さな数値だが、日本や台湾では不要不急の外出を避ける最高警戒レベルだ(両国とも環境基準値は70μg/m³以下)。台湾ではPM2.5による大気汚染が深刻だそうで、人懐っこい黒白と殊更に別れ難かったのは、このような環境を不憫に感じたからでもある。
枋寮郷の猫

 次の目的地、屏東へ出発する時間が近づいていた。枋寮最後の猫は、海沿いの民家で見かけた麦わら。
枋寮郷の猫

 お腹の辺りがおめでたに見えなくもなく、それが理由かどうか知らないが、俺には冷淡であった。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 9:11発の自強号で屏東へ向かう。三度の台湾旅行で交通トラブルに巻き込まれた経験はなく、列車もバスも航空機もほぼ定時で運行してくれるので旅は順調だ。駅の電光掲示板を見れば、定時なら「準點」、遅れていれば「晩1分」などと1分単位で表示してくれるのでとても助かる。毎日当たり前のように遅れてきて通知もしないどこかのJRナントカに爪の垢を煎じて飲ませてやりたいものだ。
 かつて屏東には台湾糖業公司の大きな工場があり、街なかには原料のサトウキビを運び込むための軽便鉄道が敷かれていた。製糖業の斜陽化に伴い、工場は1994年に閉鎖されたが、軽便鉄道の廃線跡の一部は道路に転用されていて、レールや鉄橋の残る場所もある。鉄道好きには割と有名で、昔から名前だけは知っている街だったので、この機会に線路と猫でも探そうと思い、寄り道したのだった。
 で、目論見通りに猫発見。トタン板で仕切られた部分が廃線跡。そのたもとに猫。
屏東市の猫

屏東市の猫

 立派なものが遠心力でぶらんぶらんするほどのスピードで逃走。揺れる想い。
屏東市の猫

屏東市の猫

 絶望的な表情でこちらを振り向く茶トラ。やっと二人きりになれたね。
屏東市の猫

 「尖叫ー!」(いやー!)
屏東市の猫

 PM2.5でいよいよ霞む屏東散歩は最終回へと続く。
屏東市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP