同じ椰子でもだいぶ違う


三浦市の猫

 今日は寒くて休養日にしたので、昨日の浜辺ごろーんの続きを。
 この日の三浦市は北寄りの風が強く、10匹以上いた猫たちの多くは、枯れた茂みや漁具の陰に隠れて出てきてくれない。ただ、その中でも特に人懐っこい何匹かは、手持ち無沙汰にしている俺を哀れんだのか、交互に出てきて相手してくれた。
 手前のサバトラは昨年も会った子。とても大きな猫で、西立川の巨大黒猫と同じかそれ以上の体格だ。体重はサチコの3倍以上ありそう。
三浦市の猫

 サバトラに懐かれたことがほとんどないので、何だか新鮮。体が大きいから余計そう感じる。
三浦市の猫

三浦市の猫

 傍らに大きいのがもう1匹現れた。
三浦市の猫

 サバトラ、シャーとか言ってるし。でも黒は以前からここで暮らしているはず。俺も一昨年の4月に会っている。
三浦市の猫

 麦わらちゃんにもシャーかまされてる。気の優しい子だったからなあ。
三浦市の猫

三浦市の猫

 「あのニンゲンなら遊んでくれるかな」
三浦市の猫

 いいよ、一緒に遊ぼうか。
三浦市の猫

 「やったー」
三浦市の猫

 曲がり尻尾を精一杯伸ばして喜びを表す黒。
三浦市の猫

 撫でてくれーと鳴く黒。可愛いねえ。
三浦市の猫

 一通り撫でたり転がったりして、ご満足いただいたところ。あんまり長居すると家に着くのが遅くなっちゃうから、そろそろ帰ろうかな。ハマダイコンが咲いたらまた来るよ。
三浦市の猫

 茂みの猫たちは風を嫌って出てこない。
三浦市の猫

三浦市の猫

 最後に出てきて見送ってくれたのは麦わらちゃんだった。
三浦市の猫

 漁港をあとにして間もなく、小さな流れで喉を潤す猫発見。
三浦市の猫

三浦市の猫

 港の方に行けば、もっときれいな水が流れているよ。
三浦市の猫

 「本当? じゃあ行ってみようかな」
三浦市の猫

 砂浜を離れ、海岸通りを岬に向けて歩いていると、集落の外れで1匹のキジトラに行き会った。
三浦市の猫

 えー行っちゃうのー。
三浦市の猫

三浦市の猫

 必死で舌を鳴らしたら、何とか止まって振り向いてくれた。
三浦市の猫

三浦市の猫

 今まであまり意識したことはなかったが、関東でも普通に椰子の木が生えているんだな。時に氷点下になることもあるような土地で自生できるのかと思って調べたら、日本に生えている背の高いのはワシントンヤシまたはワシントンヤシモドキという種類で、耐寒性が強く、氷点下6℃~氷点下9℃ぐらいまで耐えられるんだそうだ。台湾に生えていた椰子の多くはたぶんココヤシで、12℃ぐらいまでしか耐えられないそうだから、とても日本では育たない。見てくれは同じなのにずいぶん性質が違うものだ。なお、ワシントンヤシの種子はココヤシのように大きくなく、せいぜいブドウの粒ぐらいだそうなので、下で猫を探していても命の危険はない。
三浦市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  2. 川崎市の猫
  3. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  4. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  5. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP