見晴らし猫


多摩市の猫

 風邪気味のため、今日の散歩は控えめに多摩センターから。正確には多摩南部地域病院というバス停をスタートし、丘陵を越えて八王子市に入り、堰場バス停に至る約3.6kmのコースだ。昨日の夜勤前は堰場から職場まで歩いたので一部区間が重複しているが、猫の方は重複するほどたくさんは会えなかった。
 登山口(?)となる谷戸の急な階段に取り付いたのは11時ちょうど。風邪っぴきに山越えは辛いかなーと、溜息混じりに行く手を見上げると、進行方向に猫が1匹佇んでこちらを見下ろしていた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 呼んだら降りてきた。
多摩市の猫

 こんにちは。君は初めて見る顔だね。
多摩市の猫

 ボブテイルをふるふるしながら、ごろーん。可愛いねえ。
多摩市の猫

 初っ端から人懐っこい子に会えて、夜勤の疲れを忘れるひととき。豪華なお礼を持ってまたこなきゃ。
多摩市の猫

 階段を登り切ると、そこは緑深い公園。
多摩市の猫

多摩市の猫

 擁壁の上の2匹と……、
多摩市の猫

 こちらは先々月の雪の日にも会った六花猫。みんな元気そうで良かった。
多摩市の猫

多摩市の猫

 欠けた耳朶が野良暮らしの苦労を忍ばせる。このような場所に好きこのんで住んでいるわけではなく、恐らく3匹とも捨てられたのだろう。
多摩市の猫

 次の猫は橋のたもとで発見。
八王子市の猫

 保護色モードのつもりだったらしく、見つけられて憮然としている様子。
八王子市の猫

 そして、この有様。逃げてしまって歯が立たない。
八王子市の猫

 実用猫検定3級問題。
八王子市の猫

八王子市の猫

 近くに行ったら、こちらを向いて待ち構えていた。
八王子市の猫

 近所で飼われているのか、人慣れしている様子だったが、カメラがダメだった。レンズの大きさもさることながら、シャッターを切った時のミラーアップの音も苦手みたい。こういう子にはiPhoneのカメラを併用しようと思っているが、気づいた時には、すでに逃げられたあとなのだった。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 瑞穂町の猫
  5. 立川市の猫
  6. 小平市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  6. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  7. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  8. 多摩市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP