どこまで行っても吉祥寺


武蔵野市の猫

 昨日は関東地方も梅雨入りして一日中雨。散歩にも行けず、家でうだうだして過ごした。今朝はいい感じの薄曇りだったので、猫散歩は初めてとなる吉祥寺方面に出かけてみた。吉祥寺は20年以上参加していた吹奏楽団の本拠地でもあり、長いこと通い続けた街なので、俺にとっては第二の故郷のようなものだが、今まで猫に注目して歩いたことはなかった。ちなみに、このブログのドメインが「kichijoji.gr.jp」なのは、その吹奏楽団の団員向けサイトに使っていた名残り。
 吉祥寺は「住みたい街ランキング」で圧倒的人気を誇る。そのせいか、不動産を検索していると、どう考えても吉祥寺とは言えないような場所まで「吉祥寺」と銘打っている物件が多数ある。かつて俺もそうした物件に住んだことがあるが、そこは駅からバスで20分かかり、しかも市域は武蔵野市ではなく調布市だった。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、1匹目を見つけるまでの間に雲が切れて快晴となり、やたら蒸し暑い中の散歩となってしまった。
武蔵野市の猫

 線路端を巡回中の白を追跡中。
武蔵野市の猫

 ちょっと休憩。今年もまた暑い季節になってしまったねえ。
武蔵野市の猫

 もう少し早く来るんだったと思いつつ、瀟洒な住宅街をうろついていると、車の陰に1匹発見。
武蔵野市の猫

武蔵野市の猫

 せっかくのブルーポイントだから、順光で1枚撮らせてね。ちなみに胴体はブルーティックドタビーっぽい。
武蔵野市の猫

 ブルーポイントのはす向かいでは、黒白と茶トラが伸びていた。
武蔵野市の猫

武蔵野市の猫

 人懐っこい茶トラだったが、暑くて濃密に戯れる元気なし。
武蔵野市の猫

 さっきのブルーポイントも、その辺をうろうろしていた。
武蔵野市の猫

武蔵野市の猫

 さ、黒白君の出番だよ。
武蔵野市の猫

 こいつは茶トラ以上に人懐っこく、なかなか離れてカメラを構えることができない。暑いし車が来るから、木陰でゆっくり撮ろうかね。
武蔵野市の猫

 暑さにやられてしまったので、ここで切り上げて井の頭線で帰ろうかと思ったが、せっかく来たのだからと思い直して散歩続行。すぐに氾濫することで有名な某河川沿いの民家で、黒白がカラスと対峙していた。
三鷹市の猫

 「ん?」
三鷹市の猫

 ちょうど食べ終えたところだったらしく、しばらく塀の上で舌なめずりして、そのままどこかに行ってしまった。残りのご飯はカラスが美味しくいただきましたとさ。
三鷹市の猫

 熱中症にならないように、休憩を繰り返しながら駅に向かっていると、駐車場に茶トラがいるのを見つけた。ほかにもサビがいたんだが、威嚇された挙句に逃げられた。今日は真っ昼間で暑いからそんなにいないが、この辺りは猫の巣窟に違いない。
杉並区の猫

杉並区の猫

 木漏れ日猫、……と思って撮ったが、漏れてないし。
杉並区の猫

 最後の猫は駅近くにいたキジ白。
杉並区の猫

 今日の散歩は約3時間。出勤前に杉並区まで来るのは容易じゃないので、いずれまた休みの日に。
杉並区の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 朝霞市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  5. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  6. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  7. 府中市の猫
  8. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP