乗り間違い散歩


日野市の猫

 今日は都心に近い代々木上原から散歩開始。ちらほらと雪が舞って寒い日だった。
 夜勤明けでかったるい時に、なぜそんなところを散歩したのかというと、乗る電車を間違えたから。唐木田から乗った急行に大人しく座っていれば良かったものを、新百合ヶ丘で後続の快速急行に乗り換えてしまい、降りる予定の登戸を通過して、次に止まったのは下北沢。そんなところを散歩しても世田谷迷路にハマって神経をすり減らすだけなので、土地勘のある代々木上原から幡ヶ谷まで歩くことにしたのだった。幡ヶ谷には20歳のころ住んでいて、富ヶ谷や駒場には友達も何人かいたので、今でも地図なしで歩けてしまう。言うまでもなく猫の多い街ではあるが、今日は調子が悪く、逃亡率が高かったこともあって、カメラに収まったのはわずかだった。
 住宅街がからっきしだったため、旧知の猫拠点に助けを借りた結果、まずは白いのを発見できた。
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 何というか、しょっぱい顔つきの白。光加減で分かりにくいがブルーアイ。
渋谷区の猫

 少し離れた場所に白がもう1匹。こちらは巻き尻尾が特徴的。
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 立ち去り際に1匹追加。茂みを丹念に探せば、もっと見つけられたかも知れないが、この時すでに雪がちらついていた。
渋谷区の猫

 渋谷区の猫は塀の上の三毛が最後。
渋谷区の猫

渋谷区の猫

 冬の朝は日の出が遅くて暗くて寒いから、1月中旬まで夜勤が続くことを喜んでいたのに、こんなことなら日勤前に猫散歩した方がマシだ。もっと一日一日を大切にしなければいかんなどと考えながら、最後は猫ヶ丘のキジ白に会った。
日野市の猫

日野市の猫

 冬毛のせいか丸々としたキジ白。このレベルの毛皮を人間が着たら、どのくらい暖かいものなんだろうな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 日高市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫

    2020.7.14

    お団子霜降り
  3. 立川市の猫

    2020.7.13

    寝床いろいろ
  4. 国立市の猫

    2020.7.12

    ほくろくらべ
  5. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  6. 昭島市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP