7周年


所沢市の猫

 某巨大公園の茶トラ係長が死んだのは去年12月のことだった。係長が頑張っているうちは、俺も猫散歩をやめられないなあと、幕引きのタイミングを20歳目前の老猫に委ねていたので、訃報を聞いた時は目標を失ったような感覚に囚われた。しかし係長がいなくなればスーダラ君が一人ぼっちとなって、今度はそちらの様子が気になり始める。病気療養中のゆっくり1号然り、高齢の有閑マダム然り、しばらく会えずにいるほかの猫たちも然り。生き物に接するこの趣味には際限がなく、だらだらと続けてしまってもう7年だ。幕引きをどうするか、改めて考えなければならないと思っているが、決めた通りにできる自信は今のところない。
 このブログ初日の2011年7月1日は最高気温33.2℃とかなり暑い日だったようだ。記念すべき1匹目は立川の熊五郎で、この日の記事には出勤時とお昼休みと退勤時に同じコンクリートの上で寝ている写真が並んだ。それから7年後の今日は最高気温が32.6℃で、数値こそ大した違いはないが、何と言っても今年はすでに梅雨明けしている点が特異だ。自分の体をいたわりつつ、会いたい猫にはたくさん会いたいという、相反する欲求を満たすにはどうすればいいか考えた結果、今朝の散歩は久しぶりに所沢の猫農家を訪ねてみることにした。何年か前の夏の早朝、たくさんの猫たちに歓迎された記憶が残っていたからだ。
 家を出たのはいつもよりさらに早い5:25。濃い日陰の道端にアビちゃんが佇んでいた。
日野市の猫

 心地よさげに転がりながら大あくび。アビちゃんは器用だな。
日野市の猫

日野市の猫

 分倍河原と府中本町で乗り換えて、スタート地点の東所沢に着いたのは6:26。猫農家へ向かう前に、住宅街の顔見知りを訪ねて歩いていると、とある民家の塀の上に若い猫が顔を出した。
所沢市の猫

所沢市の猫

 きれいなクリームマッカレルタビーの鉢割れ。この付近にはクリーム猫が何匹かいるので、その親戚筋かも。
所沢市の猫

 猫たちは意外に日なたに出ている。クリームの隣の路地にはサビ猫がいた。
所沢市の猫

 怖がらなくても大丈夫だよ、ちょっと写真を撮るだけだからさ。
所沢市の猫

所沢市の猫

 ちなみにこの子は2014年12月に初めて見かけた子で、当時はまだ生後数ヶ月の子猫だった。立派なレディに成長してくれておじさんは嬉しいよ。
所沢市の猫

 次の猫は日陰で発見。ちょっと分かりにくいかな。
所沢市の猫

所沢市の猫

 まさか近づいてくるとは思ってなかったらしく、少し後ずさり。
所沢市の猫

 しばらく様子見したあと、給湯器の上に落ち着いた。整った顔立ちの子。
所沢市の猫

所沢市の猫

 そしてここから場面は猫農家へと転換。今日は大盛況というほどではなかったものの、一回では載せ切れない写真点数になったので、この三毛ちゃんから先は次回掲載ということで一つよろしく。一日一猫8回目の夏の出だしはまずまず。
所沢市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  6. 小金井市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP