黒は判別不能


府中市の猫

 立冬なのになぜ20℃を超えるのか。
 なかなか気温が下がらないので、見かけ上は冬の出で立ちでも、なるべく薄手のものを身につけるようにしているが、日中歩き回るとそれでも暑くて困る。猫に会えるならまだ張り合いがあるが、20℃を超えて日差しがあると、日陰に引っ込んでしまうのが多く、それもままならない。
 今日は武蔵野線の北府中から府中本町まで1時間ほどかけて歩いてみた。家からそう遠くない場所なのに、散歩コースに北府中を絡めることはほとんどなく、今回が2度目。府中本町駅の構造上、南武線(特に上り)ホームから武蔵野線ホームまでがやや遠く、乗り換えが面倒なので、無意識に避けていたのかも知れない。その割に稲田堤〜京王稲田堤とか片倉〜京王片倉の乗り換えは平気だったり、八王子〜京王八王子は億劫だったりもして、面倒と感じる基準が何なのかは自分でもよく分からない。
 最初の猫は稲田堤の乗り換えで発見。あれは時々この家で見かけるサバトラかな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 個性的な顔立ちの子。この家にはよく似た顔立ちの猫がほかにも2匹いて(こちらこちら)、毛色の違いはあるものの、目元の感じや眉間のM字ラインの形状から、家族だろうと踏んでいる。
川崎市の猫

 瓢簞横丁では黒白を見かけた。先日も会ったばかりの子。
川崎市の猫

川崎市の猫

 前足を畳む姿が可愛らしい。この子は割と怖がりなので、少し離れたところでズームして撮った。
川崎市の猫

 北府中駅をスタートしたのは11時半。図らずも、初めて北府中を訪れた時と逆コースになったようで、適当にぶらぶら歩いているうちに、見覚えのある一角にたどり着いていた。
府中市の猫

 民家の敷地には立哨中と思しき黒白が。
府中市の猫

府中市の猫

 でも、それだけではないのだよアケチ君。
府中市の猫

 ほらいた。
府中市の猫

 この黒、前回(2015年3月)も見かけたと思うんだが、こっちだったか、それともこっちだったか、黒なだけに判別できない。胸元に白い差し毛があるので、たぶん後者だと思うんだが……。
府中市の猫

 その後、日が差して気温が上がったためか、府中市内は不調のまま終了。最後はいつものモノクロ爺さんたちに会いに行った。
府中市の猫

府中市の猫

 ブラック爺さんはお昼寝態勢に入ったところ。
府中市の猫

府中市の猫

 黒白爺さんは前後不覚に寝入っていて、いくら呼んでも反応がなかった。若いころの夢でも見ているのかな。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 小平市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  2. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  7. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  8. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP