猫温泉ふたたび(3)


会津若松市の猫

 猫温泉の茶トラ白。名前は「ごま作」。
福島市の猫

福島市の猫

 ちょこまか部屋の中を嗅ぎ回っている。どっちかというと縄張りを侵しているのは俺たちだし。
福島市の猫

 カメラを向けるばかりの俺とは距離を置いて……、
福島市の猫

 妻の膝の上に落ち着いた。可愛い子。
福島市の猫

福島市の猫

 前回ここを訪れた時は「お嬢」という名の白猫が遊びに来てくれたが、彼女は腎臓を患い、昨年暮れに死亡したとのことだった。当時9歳だったというから我が家のマコちゃんと同い年。天真爛漫でとても人懐っこく、今回も会うのを楽しみにしていたので、女将からそれを聞いた時は、俺も妻も驚いてしばらく絶句するほどだった。この子はお嬢の忘れ形見。
福島市の猫

 今回、猫温泉で会えたもう1匹はキジ白。
福島市の猫

福島市の猫

 この子は「トラまゆ」。トイレのついでに帳場に下りたらカウンターでちょこなんとしていた。ほかの猫とも触れ合いたかったが、茶トラ白は大女将が溺愛しちゃって自室に匿われ、前回部屋まで遊びに来た(ぴーちゃん)は外へ出ずっぱりで相手にしてもらえず。山林を1ヶ月もほっつき歩いて、一昨日ふらりと戻ってきたばかりというから、もう半分ぐらい野猫入ってるんじゃないだろうか。
福島市の猫

福島市の猫

 霧に巻かれた一軒宿の夜は更けていく。
福島市の猫

 翌11日、標高920mに位置する宿の周囲は相変わらず霧が濃かったが、下界に下りてみると薄曇りで散歩には好適な天気。帰路は自宅へ向けて一直線の旅程だったが、会津若松市内のレンタカー屋に車を返却するまでの間、小一時間だけ猫を探してみた。
会津若松市の猫

 とある細い路地にポイントさんが佇んでいた。
会津若松市の猫

 遠目にはシールポイントのようだったが、よくよく見ると鼻筋や足先に白っぽい毛が見える。これはきっとサビ猫がカラーポイント化した毛色だ。
会津若松市の猫

「ポイント猫に何かご用?」
会津若松市の猫

 ごろーん。
会津若松市の猫

 ごろーん。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 足元に飛び込んできた小柄な猫も青い瞳。こちらはポインテッド・キジ三毛だね。
会津若松市の猫

 めっちゃ人懐っこい子で、ごろごろすりすりが止まらず、写真を撮るのがムズカシイ。動画はこちら
会津若松市の猫

 そんな俺たちの様子は見られていた。
会津若松市の猫

 ポインテッド・サビも見てる。あの子はお母さんかも知れない。
会津若松市の猫

会津若松市の猫

 2匹の三毛はまだ若く、カメラのストラップに興味を示すお年ごろ。
会津若松市の猫

 猫探しはここで時間切れ。このあとレンタカーを返却し、会津若松12:54発の快速「AIZUマウントエクスプレス6号」~鬼怒川温泉15:05発の特急「スペーシアきぬがわ6号」~新宿17:40発の京王八王子行き特急というスジで、家に帰り着いたのは18時を少し回ったころだった。
 今日は4日ぶりの出勤日だったが予報通り朝から雨。朝の散歩をお休みしたので、今月10日~11日の猫温泉旅(後編)を紹介した次第。今年の梅雨は雨続きで散歩が捗らないなあ。
会津若松市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 新北市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 福生市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 基隆市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP