他人行儀な息子


立川市の猫

 あと夜勤を3回やったら台湾だ。
 今までで最も天気に恵まれたのは昨年11月の猫旅で、4泊5日の旅程で162匹の猫に会い、ブログで紹介し終えるまでに19回の連載で2ヶ月近くかかった。とはいえあれほどの好条件に恵まれることはそうないだろうし、加えて今回は台湾鉄路全線完乗のため、旅程にかなりの制約がある。雨に当たらなかったとしても、100匹行くか行かないかぐらいだろうと予想している。
 今日は今月5日以来の夜勤。散歩中は晴れて青空が広がっていたが、午後から急に風が強くなってきた。今夜は寒冷前線が通過して明日からはぐっと冷え込むらしく、夜勤が続くのはむしろ都合がいい。散歩コースは北町バス停から西国立駅までで、緑道のゴメン顔に会いたくて選んだコースだが、風が強かったせいか、どこかへ隠れて出てこなかった。
 まずは近所の2匹。日なたで転がるはっちゃんと、手前の道端に黒煙ちゃん。
府中市の猫

府中市の猫

 2匹まとめて見かけることは時々あるが、仲良くしているところは初めて見たかも。
府中市の猫

 たくさん舐めてもらってえびす顔。
府中市の猫

 振り向いたら眩しくて、やっぱり目が開かない。
府中市の猫

 散歩開始は12時半で、最初の猫に遭遇したのはそれから35分後。もう少し会えると思っていたんだがなあ。
立川市の猫

 あれも臆病だから時間の問題。
立川市の猫

 この直後、予定通り逃亡。
立川市の猫

 逃げたサビを目で追っていたら、塀の上に黒白がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 微妙に避けられているな。
立川市の猫

 旗竿地への細い路地に黒。迂回できないので、このパターンもやはり逃げられる。
立川市の猫

立川市の猫

 広い駐車場の奥に小さな猫影発見。
立川市の猫

 ほらいた。あれはもしかして……、
立川市の猫

立川市の猫

 かつて学校裏の猫アパートで暮らしていたキジ白だった。初めて見かけたのは、まだ子猫だった2012年11月。幼年期はごく普通のキジ白だったが、成長するにつれて変貌し、青年期には極めて個性的な顔立ちになった。現在は7歳だから、人間に換算すると45歳ぐらいの中年。昔は近寄っても平気だったのに、しばらく会わずにいて忘れられたのか、逃げ足がやたら速くなった。
立川市の猫

 息子に会えたことをに報告しようと思い、150mほど離れた郷里の猫アパートに寄ってみたら、この有様。隣のマンションが取り壊されたことは知っていたが、その跡地で早速工事が始まっていたのだった(以前の様子)。これじゃ母は出てこない。
立川市の猫

 黒白には会えたのでよかったけど。
立川市の猫

 住宅街の路地の先に2匹の猫。
立川市の猫

立川市の猫

 茶トラ白は塀の向こうへ飛び降りてしまい、残った茶トラは呆れたようにこちらを眺めている。
立川市の猫

 立ち去ったふりをして待っていたら、案の定、茶トラ白が出てきた。若い猫の行動って何となく読めちゃう。
立川市の猫

 最後に立ち寄ったのは怒りんぼさんの路地。いると思った電気屋の看板猫は不在で、代わりに地面にキジトラが座っていた。
立川市の猫

 ずいぶん久しぶりだねー。
立川市の猫

 この子は昔から人懐っこい子。今も性格は変わっていないようだ。
立川市の猫

 ほら、ごろーん。
立川市の猫

立川市の猫

 「怒りんぼさんの路地」と呼んではいるが、この路地で最初に会った猫はこの子で、ブログ開始から2週間後の2011年7月に遡る。怒りんぼさんに会ったのはそれからさらに3週間後のことだった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP