日差しが欲しい


川崎市の猫

 例年なら晴れの日が続いて空気が乾燥して困るのが関東の冬なのに、今年はそうした日は少なくて日照時間が短い。天気予報も不安定でころころ変わるので、空模様に依存する予定がとても立てにくい。快晴の日を狙って妻とともに一泊旅行に行こうと思い、定まらない天気予報と睨めっこしているうちに、宿を予約するのが前日(つまり今日)になってしまった。
 宿の予約を躊躇っていたのは、明日晴れるとはとても思えない天気だったからだ。夜勤明けの散歩は日中なのに曇って暗く、後半になると雨なのか霙なのか分からないものが頬に当たるようになった。猫の方も冴えない結果だったが、唯一の救いは馴染の猫がごろごろすりすり懐いてくれたことだった。
川崎市の猫

川崎市の猫

 こちらに気づいて飛び出てきた。カメラが苦手なのでうつむき加減だが、実は上機嫌。
川崎市の猫

 ね?
川崎市の猫

川崎市の猫

 はるひ野から1駅歩いて上記の結果だったため、中野島で途中下車して、定点の猫拠点に立ち寄った。寒いからみんなじっとしているな。
川崎市の猫

 冬毛で背中がお山のようになっている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 傍らには茶トラ白がいて間断なく鳴いていた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ここにも白がいたはずと思って辺りを見回すと、隣の駐輪場でスクーターに乗っかっていた。こちらはちょっとご機嫌斜め。
川崎市の猫

川崎市の猫

 昨日会った隻眼の茶トラのように、高みで日差しを待っているのがいた。
川崎市の猫

 高みといってもスポーツカーだから天井は低い。近寄ってきた人間を見上げる形になって、思ったより高くないことに気づいたのか、猫は憮然としていた。
川崎市の猫

 吊り目でこちらを睨んだあと、向こうに向き直ってしまった。お山のような背中がもっと高くなった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 江東区の猫
  5. 立川市の猫
  6. 八王子市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP