きらきらした日差し


府中市の猫

 一昨日の仕事帰りにサチコの尿検査の結果を聞きに行って、一通り説明を受けてきた。正常値を逸脱していたのは尿比重のみで、サチコはこの値が1.035以上であるべきところ1.028だった。さらに精査したいならSDMAと呼ばれる血液化学スクリーニング検査を受け、それも良くないとなれば、食餌療法へ移行して、2〜3ヶ月おきに経過を見ていくというのが一般的な流れのようだ。
 とはいえ猫の腎臓というのは幅広い比重の尿を生成できるそうで、ただ一度の検査で数値が外れたからといって悲観的に捉えるのは早い。我が家の方針としては、リンやタンパク質を制限したフードに移行しつつ、こまめに尿比重を測定して、数値に変化が見られれば次の対応を考えようと思っている。犬猫用の尿比重計は数千円から市販されている。
 今日は平山に用があったので、猫探しはそのついでにちょっとだけ。朝8時すぎ、小中学生が普通に登校していることに驚愕しつつ駅へ向かっていると、広い駐車場の向こうに猫がいるのを見つけた。
府中市の猫

府中市の猫

 立派な体格のキジ白。警戒心が強くてこれ以上は近寄れない。
府中市の猫

 キジ白はフェンスの向こうへ逃亡し、その隣にはもう1匹の猫が取り残されていた。
府中市の猫

府中市の猫

 眠くて目が開かないサバ白。こちらに気づいてはいる。
府中市の猫

 重い腰を上げたけどやっぱり目が開かない。
府中市の猫

 「怪しいヤツめ」
府中市の猫

 今日の散歩は猫ヶ丘を一回り。定点の猫民家に3匹の猫が集まっていた。
日野市の猫

日野市の猫

 日差しがきらきらしてコントラストが高く、逆光の黒猫は表情が分かりにくい。
日野市の猫

 こちらも馴染のクリーム白。平山に引っ越してから2ヶ月ほど経った2016年11月に初めて見かけた子。年齢不詳。
日野市の猫

日野市の猫

日野市の猫

 

 黒は子猫の時から人懐っこい。
日野市の猫

 茶トラ白は奥の方で固まっていた。
日野市の猫

 猫ヶ丘下の猫路地で猫発見。
日野市の猫

 舌を鳴らしても反応なし。何に注目しているのかと思ったら……、
日野市の猫

 道路向かいにも茶トラがいたのだった。水鉢に桜の花びらを浮かべて風流だね。
日野市の猫

日野市の猫

 終始びっくり顔の茶トラ白。
日野市の猫

 旧居へ至る細い路地を歩いていると、日なたぼっこ中のアビちゃんが見えてきた。
日野市の猫

 何だか懐かしい構図だな。
日野市の猫

 構図は懐かしいがアビちゃんはカメラが嫌い。車の下に留まったまま無反応。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  6. 小金井市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP