霜降りとオッドアイ


昭島市の猫

 我が家の猫たちの健康管理に資するため、以前から欲しいと思っていた尿比重計を注文した。手持屈折計なら数千円で出ているが、読み取りが面倒なので、デジタル表示の猫専用尿比重計を選んだ。光電子工学系測定機器のトップシェアを持つATAGO社の製品で、最近ではエタノール消毒液の濃度を測定する「コロナ消毒液%チェッカー」を発売したので、社名を知っている人もいるかも知れない。ただしこの製品は家庭用としては明らかにオーバースペックで、厚生労働省が「容積濃度70~83%の範囲内」と謳っているものに対して、±1.0%という測定精度が必要かというとかなり疑問。27,500円という価格も一般向けとは言い難い。一方、猫の尿比重については、2匹の数値の変化をこまめに記録したいと思っているので、途中で投げ出さない意味も込めて30,250円を奮発した次第だ。
 今日は久しぶりの夜勤ということで、出勤前の散歩は青梅線の中神~西立川を歩いてみた。西立川は昨日の散歩のスタート地点であり、一部コースが被っているが、これはエビ子の写真が撮れなかったから。いつもの場所にいるにはいたが、駐車車両の向こう側に隠れていて、気づいてもらうことすらできなかった。先に結果を書いてしまうと、今日も昨日とまったく同じ配置だったため、頑張って舌を鳴らしたものの、目を覚ましてもらうことすらできなかった……。
 今日の1匹目は猫喫茶のキジ白。
昭島市の猫

昭島市の猫

 昔は店の正面で遊び回っていたものだが、今は見かける機会が減って、たまにいたとしても裏手で寝ていることが多い。
昭島市の猫

 そして、すっかり忘れられてしまったので、すぐに逃げてしまう。
昭島市の猫

 とある猫路地のはるか彼方に1匹の猫が佇んでいた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 近寄ってみたら霜降りとオッドアイの組み合わせだった。久しぶりだねー。
昭島市の猫

 オッドアイは2ヵ月半ぶり。もともと体調の思わしくない猫だったので、再会できたことが嬉しい。
昭島市の猫

 一方こちらはいかにも昼下がり。怠惰な風情の2匹。
昭島市の猫

昭島市の猫

 香箱の黒白は動くのが面倒臭いので逃げない。
昭島市の猫

 ベンチの上に遠ざかったキジトラはひたすら眠い。
昭島市の猫

昭島市の猫

 薄雲から日が差して、明るくなったところで茶トラ白発見。
昭島市の猫

昭島市の猫

 コントラストが高くて怖い顔になってしまうな。
昭島市の猫

「怖い顔言うな。ここならどうだ」
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 会津若松市の猫
  6. 所沢市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  7. 宮古市の猫
  8. 久慈市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP