療養生活へ


日野市の猫

 仕事帰りに動物病院に寄って聞いたサチコのSDMA(腎機能)の検査結果は15µg/dlという値で、正常範囲とされる0〜14µg/dlをわずかに上回っていた。3月中旬には辛うじて正常範囲に収まっていたBUN(血中尿素量)も、今回は42.1mg/dlに上がっていて、他の数値や日ごろの食餌・給水行動なども考え合わせた結果、初期の腎機能障害という診断になった。対応としてはやはり食餌療法だそうで、腎臓病用を謳う製品のサンプルをいくつかもらって帰ってきた。療養食自体はすでにカリカリと缶詰を用意してあるが、悩んでいたのはその与え方だった。マコちゃんはサチコのものは何でも欲しがり、最終的には奪うので、2匹の猫に異なる食餌を与えることが難しいからだ。
 数年前、CatFiなどいくつかの顔認識型スマート給餌器が発表されたことがあるが、どれも潰れたか詐欺だったかで消え去り、現在そうした機能を持つ自動給餌器は俺の知る限り一つしかない。それは製品に付属するタグを首輪にぶら下げるか、あるいは体内に埋め込んだマイクロチップを読み取って、設定した個体に対してのみお皿の蓋を開閉するというものだ。我が家の猫は首輪をつける習慣がないので、それを使うとなるとマイクロチップを装着することになるが、そうしたことが果たして推奨される行為なのか。動物病院で聞いてみたところ、「そこまでしなくても、2匹とも療養食でいいと思う」との答えだった。我が家では若手(?)のマコちゃんも人間に換算すれば還暦であり、今から療養食を与えるのはむしろいいことなのだそうだ。
 今日の夜勤明けは強い雨が降っていたが、明日からしばらくブログをお休みするので、ちょっと無理して平山の猫ヶ丘を一回りしてきた。
日野市の猫

日野市の猫

 石の上に座っていたのは馴染のクリーム白。こいつがいるということは、ご飯の時間が近いのかな。
日野市の猫

日野市の猫

 どこからかキジ白が駆けてきて、窓桟に飛び乗った。これはいよいよご飯だな。
日野市の猫

日野市の猫

 玄関先に1匹と……、
日野市の猫

 その隣には黒。みんな張り付いて離れない。
日野市の猫

 手術後のブログ再開時期は、Twitterでお知らせすると思う。1週間ぐらいで元の生活に戻れたらいいんだけどな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  3. 宮古市の猫
  4. 久慈市の猫
  5. 三鷹市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  7. 八王子市の猫
  8. 洋野町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP