薄色母子


八王子市の猫

 今日は眠いので手短に。
 夜勤明けの散歩コースは片倉〜京王八王子。最初に立ち寄った猫拠点では、馴染の三船敏郎が丸くなってお昼寝していた。散切り頭を上から見るのって初めてで新鮮。
八王子市の猫

八王子市の猫

八王子市の猫

 ここで暮らす猫はこいつが最後の1匹になった。道路向かいのプレハブ事務所で暮らしていた茶トラは、事務所の移転に伴い、従業員に引き取られて暮らすことになったそうだ。初めて会ったのは2014年1月で、4ヶ月前の7月16日に見かけたのが最後になった。
八王子市の猫

 最近ほとんど休みなく散歩しているせいか、峠越えの坂を登っているうちに腰が痛くなってきて、途中でヘタレそうになった。とはいえヘタレようにも近くには駅もバス停もなく、この峠に挑んだからには、とりあえず歩いて下りないことには次の段階へ進めない。タクシー呼んじゃおうかなーなどと思いながら、定点の猫路地に差しかかると、行く手に親子と思しき猫グループが見えてきた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 先月来た時もたくさんの子猫を見かけたが、この子たちはまた別の猫。大きいのがお母さんかな。
八王子市の猫

 ここは昔から薄色の絶えない猫拠点だね。
八王子市の猫

 臆病な3匹は民家の隙間に逃げてしまったため、諦めて先へ進むと、庇の上で寝ているのがいることに気づいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 昔はこの家の屋根で頻繁に茶トラを見かけたものだが(一例)、年を取ってあまり外へ出なくなったのか、ここのところずっとご無沙汰だった。もう1匹は元気にしているのかな。
八王子市の猫

 下り坂に向かって茶トラの写真を撮っていると、背後から猫の鳴き声が聞こえてきて、振り向くと三毛が道路を駆け抜けていった。
八王子市の猫

「待ってー」
八王子市の猫

 遅れた子猫を迎えに行っていたのね。……ていうかあの子たち、さっき会った子猫じゃないの。
八王子市の猫

 ぞろぞろ。
八王子市の猫

 おお、分かりやすい遺伝関係。クリームちゃんのお母さんは薄色三毛だったのかー。
八王子市の猫

 茶トラ白はどういう関係なんだろう。もしかしたら濃い色と薄い色の二組の母子なのかな。
八王子市の猫

 歓楽街の猫拠点には黒白がいた。ぱっと見、気づきにくい?
八王子市の猫

八王子市の猫

 車の下へ逃げ込んでもらって、却って助かった。日が当たっていると露出が面倒なんだよね。
八王子市の猫

 高みには三毛もいた。俺が気づかないだけで、周囲にはほかにもたくさんの猫が潜んでいるのであろうな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 自宅で食事中のもいた。俺もお腹が空いたので帰ろうっと。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  5. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  6. 日高市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP