地面の白は猫の白


八王子市の猫

 北海道や日本海側では大雪で真っ白になっているそうだが、今日、東京の郊外で俺が体験したのは猫の毛皮の白い色だった。
 夜勤を終えて外へ出てみると、天気こそ上々だったものの気温は低く、八王子アメダスの計測値は10時で3.2℃、最高でも6.7℃までしか上がらなかった。これを書いている21時現在、すでに氷点下1.3℃になっており、初日の出を拝むころには、氷点下5℃ぐらいまで下がるものと思われる。
 唐木田から電車に乗り、最初に向かったのは白の住む駅前広場。見える範囲にいなかったので、舌を鳴らしながらその辺を歩き回っていると、植え込みの陰からか細い鳴き声が聞こえてきた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近寄ったらさらに一鳴き。今日は日に当たっていても寒さの方が勝るくらいだから、日なたに出ているだろうとは思っていたよ。
川崎市の猫

 今年もお世話になりましたね。
川崎市の猫

 終始機嫌のいい白だったが、眩しすぎて目は開かなかった。今度は曇りの日に来ようっと。
川崎市の猫

 白に会ったあと、そのまま小田急線で南武線方面へ向かうことを考えていたが、気紛れを起こして六花谷に変更。ここでも舌を鳴らしながら歩き回っていると、珍しく上の方から現れた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 こいつは意外にきれい好きで、地面で転がるのは厭わないくせに、落ち葉の上を歩いたり座ったりすることはしない。アスファルトより葉っぱの方が暖かいと思うんだがなあ。
多摩市の猫

 指でご挨拶。来年も時々遊びに来るので、また相手してくださいな。
多摩市の猫

多摩市の猫

 木立の広場に猫発見。日陰だから分かりにくいかな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 先々週も見かけた子。お母さんと一緒じゃないせいか、今日は前回よりもかなり警戒していた。
八王子市の猫

 定点の猫拠点で久しぶりにオッドアイの白に会った。
八王子市の猫

 2ヶ月半ぶりだから、そんなに長期間じゃないんだけれども。元気にしてたか。
八王子市の猫

八王子市の猫

 2020年の散歩はこれでおしまい。明日も夜勤なので通常通り猫を探してから出勤する予定だ。今年はコロナに限らず、世界情勢が劇的に変わっていく一年で、こう言うと不謹慎かも知れないが、その場に立ち会えたことで、様々な興味深い事象や人間のごうを見物することができた。これを機会に思慮深く生きられればいいと思うが、あいにく人間は道具を使うことで便利な生活を送ることはできても、生物としての進化を放棄したせいで、これ以上賢くなることは当分ないのである。身の程を知ることができたという点で、俺にとってはいい一年だったのかも知れない。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 福生市の猫

    2021.1.27

    黒に四苦八苦
  2. 八王子市の猫

    2021.1.26

    ちょいと一駅
  3. 福生市の猫

    2021.1.25

    てんこ盛り
  4. 多摩市の猫
  5. 調布市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 稲城市の猫
  8. 多摩市の猫

    2021.1.17

    鳴き合う茶猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP