特濃のサビ


日野市の猫

 平山には7日にも行ったばかりだが、今日は夫婦それぞれ別の用事があったので、早朝から連れ立って出かけて13時半すぎに帰ってきた。7日の散歩は夜勤前ということで正午すぎにスタートしたが、9.1kmも歩いて会えた猫はたったの2匹で撃沈。一方、今日は朝から曇って冴えない天気だったにもかかわらず、10.5km歩いて9匹(その他多数の逃亡)とまあまあな結果だった。個人的には1kmあたり1匹を上回るかどうかが好不調の境目で、例えば南武線猫行脚は1.06cat/kmで沿線に猫が多いという印象。それより振るわなかった横浜線猫行脚は0.79cat/kmで、坂道が多かったこともあり、かなり苦戦したという印象だ。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今朝は1匹目に会うまで30分を要した。
日野市の猫

日野市の猫

 去年の暮れにも同じ場所で見かけた子。暖冬とはいえ、それなりに冬毛がもこもこしている。
日野市の猫

 広い駐車場の隅でご飯待ちと思しき猫発見。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ラティスの向こうがこいつの宴会場。もう8時を過ぎているので、遅めの朝食だね。
八王子市の猫

「君の分までは用意していないと思うよ」
八王子市の猫

 猫ヶ丘の高台を歩いていると、横丁から鳴き合う猫の声が聞こえてきた。
日野市の猫

 デート中の2匹。立春を過ぎると目に見えて猫カップルが増えるな。
日野市の猫

日野市の猫

 俺の存在に気づいたキジ白は、なぜか回転してから逃げていった。
日野市の猫

 君の彼は割と薄情だね。
日野市の猫

「人の恋路を邪魔するな」
日野市の猫

 背中を南に向けて待っているのに、いつまで経ってもお日様が現れない朝。
日野市の猫

日野市の猫

 黒かと思ったらサビなのね。今まで見たサビの中では福生の子がかなり黒っぽかったけど、それに比べてもダントツの黒さ。茶色い被毛が混じっているのだから、これでもしっかり優性のO遺伝子を持っているわけである。
日野市の猫

 次の猫はホンモノの黒。目立たないように壁際でちんまりしていた。
日野市の猫

日野市の猫

 石灯籠と猫ってマッチすると思うけど、そこはちょっと狭すぎるようだね。
日野市の猫

 猫ヶ丘の高台から緩い坂道を下りていると、行く手に猫が見えてきた。なおこの写真には2匹写っている。
日野市の猫

 塀の上のクリームはすぐに分かるね。
日野市の猫

日野市の猫

 クリームといえば、先月下旬に八王子の外れで見かけた子が印象に残っているが、それに負けない立派な毛並みだ。4年前に姿を消したクリ坊じゃないかと思って、帰宅してから両者の虹彩を比べてみたが、形が一致しないのでどうやら別猫のようだった。
日野市の猫

 そうそう、さっき2匹写っているって書いたけど、残りの1匹はこちらね。
日野市の猫

日野市の猫

 散歩の最後は猫民家の銀三毛。
日野市の猫

日野市の猫

 3ヶ月ほど前に2匹いた子猫(この子この子)は里子に出されたようだ。ざっくり分類すればみんな銀三毛だが、どれもティッピングが入っているので、shaded calicoやsmoked calicoと呼んだ方がより正確だと思う。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 宇都宮市の猫
  3. 奥多摩町の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 国立市の猫

    2021.12.1

    猫の通り道
  6. 昭島市の猫
  7. 昭島市の猫

    2021.11.29

    煤渡り現る
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP