春の山里と猫(2)


奥多摩町の猫

 昨日の午後から降ったり止んだりを繰り返していた雨は、今朝まで残るとの予報に反して、日が昇るころには止んで小鳥のさえずる声さえ聞こえていた。散歩を休んで7時まで寝ていたことを軽く後悔したが、どうせそんな日は暗くて写真なんかきれいに撮れないし、普通に出社して正解だったと思うことにした。雨は日中になってもだらだらと降っていたようだ。
 昨日に続いて今日も先月23日の奥多摩散歩の紹介を。街道沿いの猫民家を辞去して、次に訪れたのは崖線の急坂に展開する猫の遊び場。ヤマザクラの巨木を見上げて立派だなあと感嘆しつつ、とぼとぼと坂を下っていくと、瓦の上でちょこなんとしているのが見えてきた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 おや、君は黒白兄妹の妹ちゃん。何だかんだで1年ぶりだね。
奥多摩町の猫

 妹は坂の下の家が気になるみたい。きっといつものように、裏窓に張り付いているのがいるんだね。
奥多摩町の猫

 やっぱり!
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 ちなみにこいつは兄ではない。大柄なせいか黒白兄妹には怖がられているそうだ。
奥多摩町の猫

 もどこかに隠れて見ているかもね。動画はこちら
奥多摩町の猫

 氷川散歩を終えて猫集落に到着したのは10時ちょうど。平場から少し離れた沢沿いに車を止め、上の段の縄張りを覗いてみると、ぱっつん頭の黒白が地面でお尻を温めていた。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 上の段にはぱっつん頭のほかに猫影はなく、もう猫はいないはずの下の段を念のため覗いてみると、敷地の奥から小柄な黒白が現れた。
奥多摩町の猫

 近寄る素振りを見せると奥の方へ逃げてしまう。この家の奥さんからは「自由に入って撮って良い」と言われているが、もう10年近く前のことで、忘れられている可能性もあり、どうしたものかと悩んでいると、運よく洗濯物を取り込みに出てきた。
奥多摩町の猫

 お茶菓子まで出してくれた奥さんは、この5ヶ月間に猫集落で起きた様々な出来ごとを話してくれた。いちばん大きな変化は、上の段の猫民家の主人が集落を離れたことだった。一人暮らしだった主人は、体調を崩して自宅にこもったまま動けなくなり、最終的には里に住む親戚が連れ出して入院させたそうだ。田舎の小さな集落とはいえ、昭和時代のような濃い人間関係はすでになく、ドアの向こうで起きていることまで窺い知ることはできないらしい。主人が動けなくなってからは猫の給餌もままならず、集落を離れる時に引き継ぎもなかったため、下の段の奥さんが気づくまで、猫たちはご飯も食べられずに過ごしていたそうだ。
 限界集落での生活は、人間にとっても猫にとっても厳しいものだ。築何百年かも分からないという、茅葺き屋根の古民家で暮らしていた婆さんは、近くの畑で倒れたまま翌日まで発見されなかったそうだ。こちらも一人暮らしは困難ということになり、街の特養に入ったので、あるじを失った巨大な家は恐らくこのまま放置され、朽ちていくものと思われる。
 上の段の主人がいなくなった影響で、猫たちも無事では済まなかった。聞いた話をすべてここに書くことはしないが、少なくとも俺の左手に穴を開けた黒は死んだらしい。いつも膨らんだお腹を重そうにしていた多産の三毛も、感染症を起こしてやはり死んだそうだ。集落のグランドマザー的存在だった三毛がいなくなったことで、今後ここの猫たちは急速に数を減らしていくだろう。難民化した15匹の猫が突然現れたので、下の奥さんはてんてこ舞いだったそうだが、その負担もそう長くは続かない。
 ひと月ほど前には、動物写真家のIWGさんがNHKの取材クルーとともに現れて、丸二日かけて猫の映像を撮っていったそうだ。ただしそれは上の段の主人が集落を去ったあとのことであり、平和だったころの猫たちとIWGさんが接することはなかったはずだ。きっとあの人懐っこくて凶暴な黒の存在も知らないだろう。血だらけになってぱんぱんに腫れた俺の左手は、あの子が生きて世界と対峙した証だ。
 奥さんが家から出てきたことで、猫たちもその辺を歩き回るようになった。小柄な黒白の後ろにあるのはラックレール式の運搬車で、荷物や人を乗せたケージ型の貨車が、30mほど下の車庫との間を行き来する。もっとも、今は猫の寝床になってしまって動かせないそうだけれども。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 猫たちは人間とは距離を置いていて、近寄る素振りを見せるとすぐに逃げる。もともと他所の家の子なので、奧さんにもなかなか懐かず、未だに触ることもできないそうだが、空腹に懲りている猫たちは、それでもここを離れようとしない。
奥多摩町の猫

 植木鉢の向こう側には茶トラ白もいた。現在、猫集落でモノクロ以外の毛色はこの子が唯一だと思う。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 上の段では死んだ黒ととても仲良くしていた子(一例)。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 君もだいぶ大人びたね。5ヶ月前はまだ子供の体型だったものね。
奥多摩町の猫

 こちらの黒は凶暴な方ではなく、上にいた時からとても臆病な子。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 なので近寄るとホームの下に降りてしまう。線路内猫立ち入りってやつだね。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 最後に現れたのは最古参の黒白によく似た若手。恐らく孫か曾孫ではないかと踏んでいるが、確かめる術はもうない。
奥多摩町の猫

奥多摩町の猫

 その最古参の消息を知りたかったが、この日はどこにも見当たらなかった。奧さんに訊ねてみたものの、ここは黒白が多すぎてどれのことだか分かってもらえず、あいにく猫サーバがダウンしていた時だったので、写真を見てもらうこともできなかった。
奥多摩町の猫

 今でこそ限界集落という地位に甘んじているが、この集落を貫く細い杣道はかつて秩父へと通じていた往還で、その歴史は室町時代に遡るという説もある。明治時代には養蚕も盛んだったそうなので、遅くともそのころには猫たちが住みついて、ネズミからかいこを守っていたはずだ。山肌の小さな集落で紡がれてきた人と猫との長い歴史が間もなく終わる。できることなら、猫散歩を卒業するのはそれを見届けてからにしたい。
 この続きはまた今度、天気の悪い日にでも載せる(こちら)。 奥多摩町の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 朝霞市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 三浦市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日高市の猫

    2021.4.16

    ただの牛乳
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 日野市の猫

    2021.4.12

    再び足発見
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP