おめでた二毛を巡る気の早い攻防


立川市の猫

 何度も連休が続いたため、すっかり労働意欲をなくしてしまい、久しぶりの出勤となった今朝は、生ける屍のような風体でのろのろと仕度して家を出た。猫散歩は西立川~立川を歩くことにしていたが、曇ってじめじめしているだけならまだしも、15m/sを超える強い南風が間断なく吹きつけてきて、散歩にはまったく不向きな天気になっていた。実際、西立川に着いてみると、巨大黒猫のねぐらはもぬけの殻だったし、いないことの方が珍しいエビ邸のエビ子さえ、近所を駆け回っているらしく不在だった。
 当てにしていた2匹に会えず、労働意欲だけでなく猫散歩の意欲まで失いそうになって歩いていると、前方の高みからこちらを見下ろす目線に気づいた。スタートから15分後のことだった。
昭島市の猫

 ベランダの猫が天使に見える朝。
昭島市の猫

昭島市の猫

 しかし、向こうはこちらを訝しんでいる。いくら舌を鳴らしても、硬い表情を崩さなかった。
昭島市の猫

 ……そして、そんな俺たちの一部始終は、しっかり見られていたのだった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 矛先が自分に向いたことを悟って、建物の隙間に逃げ込んだ三毛。いい子だから出ておいでー。
昭島市の猫

「絵に描いたような不審者だわね」
昭島市の猫

 ここは灰色の熟女・青2号の路地。本人は不在だったが、2軒隣に子猫らしき猫影を認めた。
昭島市の猫

 後ろにはでかいのも控えている。母親ではなさそうだね。
昭島市の猫

 でかいのはきょとんとしている。いくら俺が猫の性別判定が苦手だと言っても、さすがにこれは間違えようがない。
昭島市の猫

 この子も細面で耳が大きいから幼く見えるが、去年の10月にも会っているので子猫ではない。ちょっと年齢不詳の子。
昭島市の猫

昭島市の猫

 ちょうどそこへ出先から戻った麦わら登場。
昭島市の猫

昭島市の猫

 お腹に仔猫が入ってる。たくさん食べて、赤ちゃんの分まで栄養をつけないといけないよ。
昭島市の猫

 身重の麦わらのあとを追って、先ほどの黒白が現れた。虚空の何かと対峙しているように見えるのは……、
昭島市の猫

 黒なのだった。
立川市の猫

 気の早いオトコども。せめて出産が終わるまで待たんかい。
昭島市の猫

昭島市の猫

 スタート直後のダメな感じとは裏腹に、今日の散歩は後半になるほど運が上がる感じ。とある団地で7ヶ月ぶりにオッド1号を見かけた。
立川市の猫

立川市の猫

 カメラを向けると逃げる素振りを見せたが、面倒を見ているおじさんが傍らについているので、何とか持ち堪えている。
立川市の猫

 今日最後の幸運は、去年6月以来の美人人妻三毛ちゃん。この1年近く、玄関前に置かれたお皿を見ては、会いたい気持ちを募らせていたので、嬉しさもひとしお。
立川市の猫

立川市の猫

 久しぶりの逢瀬を楽しもうと思ったのも束の間、ものすごい音とともにビル風が吹き下ろして、驚いた三毛ちゃんは高い塀の向こう側へ走り去ってしまった。次に会えるまで、また1年待たなきゃならないのだろうか。そんなことしてたら俺あっという間にお爺ちゃんだよ……。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫

    2021.9.16

    サチコで試写
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 福生市の猫

    2021.9.13

    福生の妹分
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2021.9.9

    団地の妹
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP