レッドポイントに触りたい


八王子市の猫

 今日は久しぶりに夜勤前の日中帯に散歩した。気温こそ30℃に満たなかったものの、小雨を突いての散歩だったため蒸し暑さが半端なく、1時間50分の散歩を終えたあとは、マスクが汗でずぶ濡れになっていたほどだった。真夏になればあと10℃は上がるから、今のうちに少しずつ体を慣らしておかないといけないな。
 散歩コースは西八王子~八王子の4.9km。最近あまり振るわないエリアなので、最悪0匹ということも覚悟していたが、散歩開始から7分ほどで1匹目を発見して一安心。カーポートで顔見知りの長毛茶トラ白が休んでいたのだった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 10ヶ月前に見かけた時よりも、多少毛並みが荒れたかな。長毛は誰かに梳いてもらわないと、すぐ毛玉になっちゃうからなあ。
八王子市の猫

 定点の猫民家には常駐の灰白がいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 こいつはいつもここで寝ている。若いころはもう少し活発だったんだがなあ。
八王子市の猫

 昔ながらの砂利の路地が珍しくて、立ち止まって眺めていると、奥の方からもこちらを眺めているのがいた。
八王子市の猫

 黒であった。
八王子市の猫

 砂利道の割には接近できた方だと思うが、それもここまで。この直後、車の向こうへ飛び降りてしまった。
八王子市の猫

 歓楽街の猫が料理屋に張り付いていた。
八王子市の猫

 あら、黒もいたの。元気にしてたか。
八王子市の猫

八王子市の猫

 盛り塩がお尻の下に隠れてる。そこは草食動物が足を止める場所なんだから、猫が座ってちゃダメだよ。
八王子市の猫

 そして、そんな俺たちの様子はしっかり見られていたのだった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ものすごく臆病な三毛。矛先が自分に向いたことを察知すると、脱兎の勢いで逃走を図った。
八王子市の猫

「あんまりびっくりさせないで」
八王子市の猫

 馴染のレッドポイントは自宅の敷地へ戻っていた。こいつは人の顔を見るといつも甲高い声で鳴くので、脈があるのではないかと睨んでいるが、未だに触らせてすらもらえない。
八王子市の猫

「猫好きの旦那、そいつは難しい相談だなあ」
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 青梅市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫

    2021.9.16

    サチコで試写
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 福生市の猫

    2021.9.13

    福生の妹分
  6. 府中市の猫
  7. 八王子市の猫

    2021.9.9

    団地の妹
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP