痩せた黒との遭遇


川崎市の猫

 今日は頭が痛くて我慢できず、お昼すぎに仕事を離脱して夕方まで布団にくるまっていた。猫が遊びに来るかと思って身構えていたが誰も来なかった。
 ボーナスが出たのでメダカを飼おうか迷っている。10年ほど前まで金魚や淡水エビなどを飼っていたが、当時は一人暮らしだったため水槽に注意が行き届かず、気づいた時には尾腐れ病が蔓延して呆気なく全滅してしまった。小さな魚を眺めていたい気持ちは持ち続けているが、水棲生物の飼育が難しいことは承知しており、決心がつきかねている今日このごろだ。
 今日の猫は黒が1匹。頭が痛いので早く帰ろうとしていると、道路脇から出てきてこちらを向いた。以前ここにはもっと古いアパートが建っていて、周囲には何匹かの猫が暮らしていたようだったが(一例)、数年前に建て替えられてからは無猫地帯になっていたのでちょっと驚いた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 目を真ん丸にしているが逃げる風でもなく、ただじっとこちらを見つめている。手持ちのカリカリをひとつまみ差し出すと、一声鳴いて食べ始めた。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 杉並区の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 川崎市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 熱海市の猫
  7. 八王子市の猫

    2023.1.26

    寒波二日目
  8. 八王子市の猫

    2023.1.25

    寒波初日

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP