まだらはどこへ


川崎市の猫

 はるひ野のまだら家族に出会ったのは3年前の秋のことだった(こちらの記事)。ここの猫たちの毛色は特徴的で、ほぼ全員がスモーク、シェード、チンチラのいずれかの被毛を纏っていた。
 狭いエリアで交配が進んだ結果、特定の毛色が増えるケースは時々あるが、多くの場合それはO遺伝子由来の茶系色だ。俺の猫散歩エリアなら平山の猫ヶ丘や立川の茶猫タウンがそうだし、誰もが知っているような場所で言えば、猫島で有名な愛媛県の青島もそうだ。Googleで画像検索すれば、夥しい数の猫が写真に収まっていて、その多くが茶系色であることが分かる。
 しかし、I遺伝子由来のティッピングを持つ、まだらの集団は珍しい。中にはターニッシュを発現した赤毛の子猫などもいて、毛色の観察対象としてとても興味深く、はるひ野にはその後も足を運ぶようになったのだった。
 ところがこの家族、訪問するたびに少しずつ数が減っていく。最近は行ってもほとんど空振りで、最後に見かけたのは2月初旬にまで遡る。丘陵地帯で空振りが続くのは辛いので、最近は足が遠のいていたが、今日は17時出勤ということで猫の出現率の高い夕方に訪問してみようと思い立った。結論を先に書いてしまうと今日も空振りだったが、全体的には2匹の猫に会えた。
 中野島のキジ白は縁側でお昼寝していた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 でもやっぱり気配には敏感。地面の砂利を踏む音に反応した。
川崎市の猫

 馴染の白が今日も駅前に佇んでいた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 2週間前にも会ったばかり。今日もご機嫌麗しゅう。
川崎市の猫

 割と大胆な場所で排泄するのね。
川崎市の猫

 相変わらずカメラを向けると嫌がるが、以前より拒絶感がなくなってきた。これはきっといい兆し!
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP